FC2ブログ

本日の作業

DS287(62).jpg
各部点検中の40thミニですが…
ブレーキ廻りも触られている形跡が有ったのでチェックしていたのですが
Pバルブが斜めに装着されていて?でしたが、ブレーキパイプも厳しい角度
まで曲げられていてサブフレームにも接触している様な状態にされてました

DS287(67).jpg
ECUも少し斜めに組まれていてクーラーパイプと接触している状態で
僅かですがパイプが削れてます

DS287(68).jpg
ECUの装着位置を直して、傷が有ったパイプは養生の為に
ゴムを巻いて対応

DS287(66).jpg
普通に見逃す所でしたが、ECUのカプラー部分に巻かれている雨除けの
カバーも無くなっていましたので

DS287(69).jpg
融雪などがもろに掛からない様にカバーを作って装着させておきますね

DS287(3).jpg
足が折れていた電動ファンは高性能な新型に交換させて頂きます

DS287(4).jpg
カプラーなどはミニの純正タイプへ変更してからの取付ですね

DS287(5).jpg
純正グロメット&カプラーの移植作業完了です

DS287(7).jpg
ディンプルブレードタイプなので、今までよりも静かで風量もUPしますので
安心してクーラーなども使用出来るようになると思います♪

DS287(2).jpg
ラジエーター本体からも冷却水漏れが見られましたので、交換を行う前に
シュラウドなどの化粧直し中

DS287(16).jpg
高性能なラジエーターへ交換させて頂きますが、キッチリと手を入れて
性能がキッチリと引き出せる様に考えながら準備を進めて行きます

DS287(48).jpg
黒998ミニ用にオーダーしていたボディ用の電子防錆ユニットが入荷です♪

DS287(49).jpg
検品をしてからミニに組んで行きます

DS287(50).jpg
ボディの前後に組んで行きますのでシートを外して作業スペースを確保

DS287(52).jpg
グロメットやコルゲートチューブを使用して配線を保護しながら組み付け中

DS287(53).jpg
ボディの右側前方と

DS287(55).jpg
左側の後方へセンサーを接続してボディ丸ごと防錆対策です☆

DS287(57).jpg
本体のLEDが点灯している間はシステム稼働中で、バッテリー電圧が下がると
自動で電源が切れますので安心ですね

DS285(49).jpg
迷走中な作業ですがMAX時でこの位の数値でしたが…

DS287(12).jpg
禁断のアレまで施行して、数値的にはココまで出す事には成功しましたが…
原因を完全に掴んだ訳では無いので、ココからが逆にスタートになる感じで
一からやり直しになるかもですね~

本日の作業

※お知らせ
先ほどミニジャック実行委員会よりFAXにて連絡が有り
今年の岡山インターナショナルクラシック(旧MINIJACK)の5月16日(日)
開催は中止となり、来年に延期になる模様です

今週末に開催予定だったタカスサーキットでの走行会は中止になりました
ので、店舗の方は通常営業とさせて頂きます

DS286(81).jpg
お預かり中の40thミニに装着されていたサーモスタットの点検です
軽いオーバーヒート症状が出ていた可能性が有るのでしっかりと
点検してから作業を進めないとですね

DS286(91).jpg
電動ファンを作動させる方法も変更する予定なので純正の
リレーから信号線を分岐して行きます

DS286(93).jpg
基本的に元に戻せるように仕様変更をしていますので、カプラーを
分解してハーネスのカットなどは極力施行ぜす加工します

DS286(92).jpg
追加用のハーネスもハンダ付けを行い信頼性を上げて製作

DS286(94).jpg
あとは部品が入荷次第、作業再開の予定です

DS286(78).jpg
今が一番楽しい時な998ミニに装着するアルミホイールをお悩み中な
新オーナー様がご来店です
色々と脳内にて妄想して頂き、当店では初のホイールに決定です♪
どんなホイールに決まったかは、もうしばらく秘密ですね~

DS286(83).jpg
普通は行わないレベルで検証を行うも…未だ解決の糸口が見つかっていない
のですが…とりあえず脱着回数が半端では無いコード類をうっかりと
間違わない様に番手クリップを付けて現実逃避など

DS286(82).jpg
色々と試して、最終的にアレをあんな感じでセットし直ししたら数値は
出たのですが…なぜそんな事が必要になるのかが?なので…
とりあえず数日様子を見ながら、再検証を行ってみます

本日の作業

DS286(67).jpg
店頭にて購入出来ない状況が続いてますので、手作りな
マスク製作など♪

DS285(121).jpg
お見積り作業中な40thミニのエンジンオイルの抜き取りです

DS285(122).jpg
昨年、一度オイル交換はさせて頂いてますので鉄粉量は問題無し

DS285(125).jpg
オイルフィルターのブラケット部分の状態を見ておきたいので

DS285(127).jpg
オイルフィルターをブラケットごと外して点検しました
ちゃんとオイルが出て来たので、とりあえず最悪な感じでは無いですね

DS285(100).jpg
スターターも外し現状の確認作業中

DS286(15).jpg
カプラーが焦げていたPTCヒーターはやはり本体破損で内部パーツが
カラカラ動いてますので交換になりますが、この部品って超高価なんで
いろんな意味でダメージ大です

DS286(20).jpg
せめてもの救いでメインリレーの方には、まだダメージが入っていない
模様ですので更なる被害が広がる前にカプラーなどを修理して電気の
流れを修正して行きます

DS286(44).jpg
元のケースを割って端子の状態を確認

DS286(48).jpg
ハーネスにダメージが有る部分までカットしてから新品端子を組んで
ハンダ付けです

DS286(49).jpg
純正同様にプラスチックのスリーブを装着して配線修理完了

DS286(40).jpg
電源側で配線をブッさしてあったフォグランプの接続部分も
純正同形状のカプラー式に修正してショート防止対策です

DS286(56).jpg
エンジンルームの集中アースポイントも一度分解して現状確認

DS286(57).jpg
アースの落ちが悪そうな感じでしたので、研磨してしっかりと
アースが落ちるように改善していきます

DS286(58).jpg
端子も磨いてから組み付けを行い、サビ防止対策を施し
作業完了

DS286(65).jpg
室内ヒーターに接続されるジョイントパイプも純正プラスチックパイプが
ここ最近は折れて破損する事案が増えてますので

DS286(66).jpg
予防整備で金属製で長さもロングタイプの物へ変更させて頂き
信頼性を上げて行きます

DS286(46).jpg
足が折れていた電動ファンですが、他にもクラックが見つかり
何か外的要因での破損な感じですね

DS286(75).jpg
毎日作業してますが…泥沼からまだ出られないままでございます(泣)
納得が行くまで少し調査をさせて頂き、最終的な判断が出来たらご連絡を
させて頂きます

本日の作業

DS286(36).jpg
先日ピラーミラーをお買い上げして頂いたM様赤ミニが
商品取付が難しいとの事でご来店です

DS286(37).jpg
前回の仕入れ時もピラーに対しての角度がオカシイ商品が
送られて来たので、今回は違うピラーミラーにして頂いたのですが…
この商品も角度がズレている模様で締めこむとピラーから
外れてしまいますね~

DS286(35).jpg
おそらく今のロット丸ごとダメな気がしますので、手持ちの固定可能な
土台と交換させて頂き無事に取付出来ました♪
しばらくピラーミラーは販売出来ない感じですね
ご迷惑をお掛けしました

DS285(77).jpg
お預かりした40thミニの作業続きで冷却系統の水路洗浄中

DS285(78).jpg
室内ヒーター側に接続されるジョイントが純正プラスチックなまま
ですので、ここは対策品に要交換ですね

DS285(81).jpg
ヒーターコア側に詰まりが出ていないか確認も兼ねて室内側に
水圧を掛けて洗浄など

DS285(88).jpg
昨年の納車時に水廻りは整備済みとお聞きしてますが…
ラジエーターを外して目視でのお見積りでは見えなかった部分を
調べて行きます

DS285(96).jpg
電動ファンのブレードに干渉した形跡が見つかり調べて行くと

DS285(86).jpg
ボディに挟まった電動ファンのステーの一部を発見です(泣)

DS286(24).jpg
予定に無かった電動ファンの不具合を調べる為にファン丸ごと取り外し

DS286(25).jpg
折れたステー部分を見る感じでは、結構前から破損していた模様ですね
残念ながら追加で修理または交換作業が必要になります

DS286(34).jpg
ラジエーターのトップマウント部分のブッシュも潰れ切っていて機能を
果たしていない状態ですので追加交換が必要

DS285(73).jpg
受け入れ点検時にサーモハウジングに傷が多数付いていたのが
気になっていたのですが…

DS286(26).jpg
サーモハウジングのホース接続部分に大き目な傷が多数…
これではホースを交換しても漏れは止まりませんね~
ココも追加で交換が必要です
おそらく無理やりドライバー等を差し込んでホースの脱着をしたんでしょうね~

DS286(28).jpg
ステンレス製のサーモスタットボルトに交換されていたのにボルトが
固着していて??でしたが、サーモハウジングのサンドイッチプレート
のボルトが挿入される部分が未清掃なまま組まれていた模様です

DS286(29).jpg
3か所清掃しただけで、コレだけのサビが出て来ました
これでは良いボルトを入れても意味が無いですね

DS285(98).jpg
作業予定には無かった部分ですが、手を入れられている形跡が有ったので
ECUを外して見た所…
小カプラー側の白いカバーが行方不明になってました…

DS285(129).jpg
チャコールキャニスター系統のホースバンドも位置がズレていたので
点検した所…ココもホースを無理に触ろうとした形跡が見つかり差し込み
部分のホースが千切れています

DS285(90).jpg
お預かりした時点で無事だと良いのですが…とお話させて頂いて
いたインテークマニホールドのホース接続部分も悪い予感は当たるので…
やはり腐食が進んでいてダメな状態です

DS286(10).jpg
ココも追加になりますが、点検しないとなのでスロットル廻りの
分解を進めて行きます

DS286(11).jpg
マニホールド廻りの固定ナットが全数緩み有りだったのと、エキゾースト
の遮熱板固定ナットもユルユルな状態でした

DS286(12).jpg
動作の異常が見られた水温センサー付近もサビが回っている
あまり見ないレベルの傷み具合です

DS286(13).jpg
冷間時に燃料の気化を促進するヒーターにも焦げ跡が見つかり
内部ヒーターが破損していましたので、ココも追加修理が必要

DS286(17).jpg
インテークマニホールドはやはりヒーターパイプの損傷が酷いので
追加修理が必要

DS286(22).jpg
後付けされていたエンジン振れ止めも外して、ステーがガッツリと
割れている事を確認です
コレも他の部分に原因が有るので、原因の方を修理しないと振れ止めを
いくら追加しても壊れまくるだけですね

DS286(55).jpg
打音が大きかったロッカーアームのクリアランスは基準値の
倍ほど広がっていましたので、走行距離を考えるとほぼ暖気を
行わないオーナーが乗っていた感じがしますね

DS286(60).jpg
サビサビだったエンジンヘッドのサーモハウジング取付面も
かなり時間が掛かりましたが、何とか面が出て来るレベルまで
修正しました

DS286(59).jpg
コレもあまり見かけないですが、エンジン裏のメクラからも
かなりの量のオイル漏れを発見

DS286(62).jpg
調べたら新品サーモケースが一万超えでしたので、工場内のストック
パーツの中から使えるレベルのケースを捜索しました

DS286(63).jpg
元のケースは先に見つけた傷の反対側にも同様の傷が見つかったので、
やはり廃棄レベルにされてました

本日の作業

DS285(105).jpg
S様カントリーマンのヘッドライトです
以前ライト本体はLED化させて頂いたのですが、スモール球の方は
未作業でしたのでスモールと同時点灯すると色目が違うので

DS285(102).jpg
ヘッドライトバルブと同じくスモール球の方もハロゲンからLED化
させて頂く事に

DS285(104).jpg
これでヘッドライトとスモール球が両方ともLEDになり色も
揃いましたね♪

DS285(115).jpg
エンジンオイル交換でご来店のT様紺白ミニです
距離的には早いのですが、期間がかなり空いたので交換させて頂きます

DS285(116).jpg
鉄粉量は問題無いレベルでした

DS285(119).jpg
ドレンガスケットを新品交換して

DS285(118).jpg
エンジンオイルを入れて作業完了

DS285(120).jpg
アンダーガードも洗浄して完成です

DS285(58).jpg
昨年、都会のミニ屋さんから購入された40Th限定なミニがオイル漏れを
見て欲しいとの事でご来店です
追加されているエンジン振れ止めのステーがパックリ割れていたのと
アンダーガードのカット方法が少し悲しい感じ…

DS285(56).jpg
ラジエーターのアッパーホースから冷却水の滲み有りで

DS285(59).jpg
ラジエーターのアッパータンクにも漏れ出している跡が…

DS285(61).jpg
ロワーホース接続部分からも漏れてます

DS285(63).jpg
漏れ具合がかなり危険な感じでしたので、ラジエーターキャップを外して
点検です
700~800ml程補充する必要が有りました

DS285(68).jpg
オーバーヒートなどが発生していた可能性が有るので冷却水のエアー抜きを
しながら点検を行います

DS285(67).jpg
ラジエーターの温度が上がって来ても、ECUの水温が動かず42℃で
固着している感じ…

DS285(71).jpg
電動ファンが作動yするまで暖気を行い排気ガス濃度の点検です
ガスはOKっぽいですね

DS285(72).jpg
ラジエーター水温が90℃になっても水温センサーの値はようやく45℃にしか
ならず、冷間時始動増量が掛かったままアイドリング回転数も1,300rpmから
下がらずで、かなり乗りにくいミニな状態ですね~

DS285(75).jpg
純正の水温メーターはピクリとも動かずで、センサー故障とは別件で
メーターもダメになっているかも知れません…

DS285(76).jpg
メインのオイル漏れ以外に危険な箇所満載でしたので、お預かりをさせて
頂く事にして各部分解を始めたのですが…
何故か純正フォグのカプラーが外されていて端子を裸で突っ込んで有ったり…
抜けたらショートするので危険な状態です
ちょっとお時間を多めに頂き、各部の点検を進めないとダメな感じですかね~



DS285(40).jpg
M様キャブクーパーの作業がちょっと迷路に突入してしまったので…
点火系や触媒など色々とテストしながらダメ出しを進めてみます

DS285(41).jpg
カーボンの蓄積物などは見られますが、セルは生きていそうな感じ
なのでココじゃ無さそうな気がしてますので他のチェックに移行です
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード