fc2ブログ

本日の作業

DS506(92).jpg
M様キャブクーパーがご来店です

DS506(94).jpg
チョークケーブルの戻りが悪い時が有る模様で、チェックしてみた所
ケーブルでは無くキャブ本体側の戻り不良な感じです

DS506(95).jpg
扇型カムが引っ掛かる模様なので、30年の使用で発生したバリなど
を研磨してカム可動部をなめらかに処理&グリスアップを施行して無事に
良好な作動具合に戻りましたね♪

DS506(96).jpg
お帰りの際の暖機中にフロントナンバーのビビリ音がちょっと気になり…
サクッとスポンジ増しで気にならないレベルまで消音なども

DS506(91).jpg
M様ホットコーヒーご馳走様でした~♪

DS506(37).jpg
次のお仕事の段取り的に、また暫く放置になりそうなので…
ガンメタミニをサフェ色下地カラーミニに仕上げる所まで作業進行させて
封印の準備などなど
明日は工場内の清掃をしまくらないとダメですね

本日の作業

DS506(81).jpg
個人的にはビックニュース的な(笑)))、ずっと気になっていた純正ライセンス
カバーのレンズ固定用ネジが凄く錆びやすい事案…

DS506(80).jpg
覗かないと見えないので、たぶん誰も気にしませんが…
ようやく純正ネジと同じインチサイズピッチで良さげなネジを見つけれたので

DS506(82).jpg
長年の夢?だったネジ交換の儀式など

DS506(83).jpg
サビが無いって素晴らしいです☆
誰も気が付きませんがね~

DS506(87).jpg
インジェク時代の純正オーバーフェンダーの表面のツブツブを加工して

DS506(61).jpg
ツルツルな表面に変化させてからサーフェーサーを入れて下地作り

DS506(66).jpg
色々と調べるも、結局環境や設備が違うので参考にならない&店主の腕が
悪いなどNETや本では分からない事が殆どなので

DS506(68).jpg
ちょっと実験で4枚とも設置角度を変えて希釈率なども色々と試しながら
ココで塗装するにはどんな風に作業するのが良いのか検証して見る事に

DS506(72).jpg
脱脂の仕方一つでも仕上がりが変わるなど、ほぼ無知な状態なので
色々と勉強になりますね~

DS506(76).jpg
クリアも2種類用意したので、練習のついでに表面のゲルコートが白濁して
ダメダメになっていた白ミニ時代に使用していたカーボンボンネットの表面を
全部サンディングして見れるレベルに戻らないか実験も追加です

DS506(79).jpg
色を塗装する時とクリアの時で圧力を変更した方が仕上がりが良さげですね~

DS506(89).jpg
セッティングタイムを多めに取って、ひたすら地味~に少しづつ色を染める様な
感じで塗装するのが自分的には合っている感じですね
フェンダー4枚で丸一日掛かったので、お仕事としてはダメダメだと思いますが…

本日の作業

DS505(85).jpg
天気も良く気温も何となく暖かい感触でしたので

DS505(86).jpg
マスキングをぐるっと一周施してから

DS505(88).jpg
冬季用の溶剤なども用意して、今日レベルの気温で塗装下地が塗れる
ものなのか実験です

DS506(36).jpg
下地を塗装して見たのですが…やはりもっと気温が高くないとダメなのか
工場内が寒すぎなのか
いろいろ難しいですね~はやく暖かい日々になって欲しいです

本日の作業

DS506(4).jpg
F様キャブクーパーの助手席側ドアガラス修理開始です

DS506(3).jpg
ドアガラスのレールの状態は悪く無さそうに見えますが…

DS506(7).jpg
内部はサビサビで全体的に開いて来ていますので

DS506(10).jpg
2本とも外して日本製の錆びないステンレスタイプに交換させて頂きます

DS506(11).jpg
これでレールのサビがドア下に溜まってドア表面が錆びる事も無くなります
ので、ドアの寿命も延びると思いますね

DS506(12).jpg
破損していたレギュレーターユニットも新品交換させて頂きますので
各部グリスアップなど施行してから取付します

DS506(13).jpg
経年劣化でボロボロと切れてしまうガラスのインナーレールゴムも
新品に交換です

DS506(16).jpg
目張りされていたガムテープを全て撤去してレギュレーター部分にも
防水用のパテを補充してからガラスを組んで行きます

DS506(17).jpg
水切りメッキモールもクリップが全然足りない状態でしたので新品の
専用クリップを全数交換

DS506(18).jpg
ゴム部分がカチカチ状態から柔らかい本来の機能を取り戻しましたね

DS506(19).jpg
外側も同様に新品専用クリップを規定数取付してから

DS506(21).jpg
新品の水切りメッキモールを取付して行きます

DS506(22).jpg
ドア内部の防水もちょっとお高いので利益が減りますが((笑)、ちゃんと耐久性
のある部材を使用してやり直しして行きます

DS506(25).jpg
30分前後は掛かるので手間なんですが、コレが一番効果が高いと思いますので
手は抜けませんね~

DS506(29).jpg
内張りなどを元に戻して助手席側の窓ガラス修理完了です
15年位前に取り寄せしたレールゴムは組み付けすら不可な商品でしたので
少しドキドキでしたが、今回入手した分のレールゴムはちゃんと取付OKで
ガラスも動く商品でしたので、これからは劣化が進行しているミニに中古ゴムで
対応するしか無かった日々から解放されますね~♪

DS506(30).jpg
最後にドアガラスを清掃して完成の予定でしたが…

DS506(28).jpg
3時間程の修理時間でこのサイズのオイル漏れが発生している事に
気が付いてしまい…

DS506(31).jpg
オーナー様ご同乗の上で、どの位のレベルで劣化が進行しているのか
走行テストなどを行いました

DS506(32).jpg
10年位前にご予算の都合でメンテナンス出来ていない箇所を中心に
30年ノータッチな箇所なども有りますので、そろそろ覚悟を決めて頂かないと
ダメな感じですなので…とりあえず大量のお見積りをお渡しさせて頂きました

DS506(1).jpg
F様、ホットコーヒーご馳走様でした~☆

本日の作業

DS505(72).jpg
ストック分の中古ヒーターのリビルト品を全部使用してしまったので
手持ちの部材を使用して再生作業です

DS505(73).jpg
フラップ廻りのスポンジも経年劣化などでボロボロと崩れて来ますので
張替なども

DS505(76).jpg
現状確認も兼ねてマルっと洗浄して乾かして行きます

DS505(89).jpg
取付時に見える部分はマスキングなどを施してから、今回はストーン調の
塗料を使用して化粧直しなど

DS505(90).jpg
モーターの方も旧型ユニット用は代替え品の日本製ですら入手が難しく
なっている状況なので

DS505(91).jpg
旧型のスチール製ヒーターユニットの中身をバレオ化出来ないか検証も
兼ねて製作してみます

DS505(93).jpg
1997y以降のミニに組まれているバレオ製ヒーターブロアモーターユニットを
用意してサイズや固定方法などを施行錯誤して行きます

DS505(94).jpg
色々と考えてスミス製プレートとバレオ製モーターを無事に組み合わせ
出来ましたね
振動防止のブッシングなども組めましたので作動音などもOKレベルになりそうです

DS505(95).jpg
完成したブロアモーターをケースに入れて仮組み作業中

DS505(96).jpg
電源を仮配線して動作チェックや風量確認など

DS505(98).jpg
問題無く使用可能な感じでしたので、フラップ廻りなどもオーバーホールして
気密性を向上させたりの、いつものお仕事なども

DS505(99).jpg
ヒーターコアもバレオタイプが装着可能な方がいろいろと互換性が高く
なりますのでケースを加工して行きます

DS505(97).jpg
サイドカバーケースの加工が完了したので、フェイスパネルのマスキングなど
を剥がして取付準備など

DS505(100).jpg
フラップの軸受けを左右ともちゃんと入れないとやり直しになりますので…
寒くて手先の感覚が死んでいるのか、複数回やり直しながらの作業でした(笑))

DS505(103).jpg
出番はまだまだ先ですので、仮の中古バレオコアを入れて最終チェックを
施行します

DS505(104).jpg
作動した時のモーターファンの音量も元から比べると静音化されて十分な風量も
確認出来ましたので、実際に取付する時にはSPLコアを使用なので更に風量が
上がる事を思えば雪国スペックとしてOKサインが出せるレベルになりましたね♪

DS505(102).jpg
全ての作業が完了したので中古コアを外して、リビルト製品のストック棚へ
収納です
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード