FC2ブログ

本日の作業

DS240(40).jpg
雨漏れ箇所の特定作業中なT様ATタヒチミニですが、残念ながら雨が
降って来ないので走行した時に雨が掛かるイメージの高さからシャワーで
テストを繰り返します

DS240(41).jpg
テストの結果、やはりボディパネルの継ぎ目からな感じですのでピラー
モールやフェンダーパネルの継ぎ目が怪しいですね

DS240(52).jpg
ある程度の不具合箇所の予測が出来ましたので色々と対策を施して
雨が降るのを待つ事に

DS239(89).jpg
作業を進めている赤ミニに装着するオーバーホール済みワイパーASSYの
装着準備です
オートリターンスイッチなども新品交換済みです

DS239(91).jpg
リンケージの給油なども済んでいますのでボディ装着前に痛みが
出ているピボットブッシュなどの交換を行います

DS239(92).jpg
上下とも新品に交換を左右とも行いリンケージをしっかりと本来の位置で
組めるように準備してから

DS239(93).jpg
ボディに組み付けです

DS240(12).jpg
劣化が進んでいる箇所のウォッシャーホースは一部新品に交換しながら

DS240(13).jpg
ダブル出しタイプの新品ノズルを組み付けします

DS240(14).jpg
ノズルの向きをある程度調整しながら組み付け完了

DS240(15).jpg
ホースも交換して耐久性UPですね☆

DS240(16).jpg
ウォッシャータンク廻りも同様にホース交換などを施行しながら
組み付け

DS239(62).jpg
新品のMK‐Ⅱテールの組み付け準備を行います
このままでも装着する事は可能ですが…

DS239(63).jpg
元のように純正カプラー式に変更したり電気の流れを改善したりと
長く確実に使用出来るように改善してからじゃないと組みたくないので

DS239(66).jpg
イギリスから取り寄せしている端子などを使用して商品のレベルアップを
行っていきます

DS239(65).jpg
左右ともカプラー化やハンダ入れを行いアースなども補強

DS239(69).jpg
吊り下げ式になるバックランプも精度の良い新品を用意させて頂き

DS239(70).jpg
英国式カプラー用の専用工具にて配線加工中

DS239(71).jpg
錆びに強い日本製ステンレスステーに組み合わせてバックランプの下準備完了

DS239(72).jpg
テールランプとボディの間に入るシーリングゴムですが、現状で入手出来るタイプの
バリが酷くそのまま組むと見た目が残念な感じになりますので

DS239(73).jpg
手間か掛かりますがバリ部分のギザギザゴムを慎重にハサミなどでカットして
テールランプを組んだ時に気にならないように加工してから取付です

DS239(74).jpg
テールランプ固定用のナットも純正サイズのインチナット新品を用意して
ようやく新品テールランプ&吊り下げバックランプの装着準備が完了です
毎回思いますが、ちょっと手間を掛け過ぎかもですね~(笑)
ポン付けの5倍位は時間が掛かりますので…

本日の作業

DS240(1).jpg
雨天走行時の不具合が無事に解消したか、お預かり中のT様MTタヒチミニの
テスト走行です
お預かりした時とは違い、改善された事を無事に確認出来ました☆

DS240(2).jpg
代車のガラスが油膜で見えにくいとご連絡が有りましたので、ご連絡を
頂いた方に貸し出しする前に対応させて頂きます

DS240(6).jpg
オートグリムを使用して車内側全部の窓ガラスとフロントガラスの表面の
油膜などを全て除去していきます

DS240(11).jpg
小雨が続いてましたが、時間も無かったので何とか外で洗車&撥水コーティングまで
施行完了です
さすがに雨の中でのコーティングは効きが弱めになりますね~

DS240(20).jpg
無事にT様ATタヒチミニのお預かり前に代車の準備も整いましたので
お預かりです

DS240(21).jpg
前回のお預かりで雨漏れ修理をさせて頂き完治した予定でしたが、まだ漏れが
見られるとの事なのでドア周辺では無くパネルの継ぎ目などの可能性が出て
来ましたのでメーターパネルを除去してボディの点検が可能な状態へ

DS240(24).jpg
ピラーモールや外気導入ダクト周辺が怪しいのと走行しないと漏れて来ない
かもなので点検が可能なようにしていきます

DS240(23).jpg
チャージランプ系統が無いとバッテリーが充電されませんので仮のメーターを
設置してテスト走行しながら雨漏れが確認出来るようにしていきます
あとは雨天時に一般道を走って見ないとですが、ボディのサビなどが原因で無いと
良いのですが…

DS240(25).jpg
組み付け作業中の赤ミニのクラッシュパットを装着前に少し手を加えていきます

DS240(26).jpg
将来的にセンターメーター化が可能なように塗装を入れた部分に傷が入らない様に
対策してから組んでいきます

DS240(27).jpg
ツヤ出ししてからクラッシュパットの取付完了

DS240(28).jpg
ドアチェックレバー周辺も仕上げていきます

DS240(29).jpg
カーテシスイッチのアースを確保する為に研磨して鉄板部分を出してから

DS240(30).jpg
スイッチや新品スポンジを貼り付けしてチェックアームのグリスアップで完成です

DS240(31).jpg
反対側も同様の作業

DS239(99).jpg
ロワー側のクラッシュパットも仮装着して純正クリップにて位置出しです

DS239(100).jpg
ヒーターケーブルの増し締めなどを施行してからスイッチパネルを組んで

DS239(101).jpg
各スイッチを装着していきます

本日の作業

DS239(20).jpg
赤ミニにドアアウターハンドルを組んで行きます

DS239(23).jpg
ボロボロだったり未装着で組まれていなかったりな事も多いガスケットも
キッチリと新品にしてから組み付けです

DS239(28).jpg
融雪対策などを施行して組み付け準備

DS239(27).jpg
ドアハンドル取付完了

DS239(31).jpg
ドアガラスのレールがサビて来てますので

DS239(30).jpg
錆びに強い日本製ステンレスタイプの物へ4本とも交換してから組み付けです

DS239(36).jpg
錆びたレールを外してからガラス丸ごと洗浄です

DS239(37).jpg
ステンレスレールを新品ゴムを介して組み付けして

DS239(39).jpg
ドアガラスのレギュレーターも組み付け前にグリスアップ作業です

DS239(40).jpg
レギュレーター取付部分も雨漏れ対策で純正同等の仕上げ方に

DS239(41).jpg
組み付け前の下準備完了ですね♪

DS239(42).jpg
念の為にドアに養生を施行して

DS239(44).jpg
ドアガラス&レギュレーターの組み付け完了

DS239(46).jpg
同じ作業を行い反対側のドアガラスも組み付け

DS239(49).jpg
今回はメーター廻りの変更は無いので元のデフロスターを組んで行きますが
ココも少し改良を加えて

DS239(51).jpg
デフロスターの風量を少しパワーアップさせておきますね☆
小さい作業の積み重ねが最終的に大きな改善に繋がりますので
手を抜かず進めていきます

本日の作業

DS239(2).jpg
元ミニ乗りなハスラー乗りのS様がカスタムされた自転車でご来店です

DS239(1).jpg
店主へのお見舞いとの事でアイスコーヒーを大量に頂きました♪
そろそろミニが恋しくなって来たのでは(笑)いつでもカムバックOKですよ

DS238(57).jpg
全塗装した赤ミニのライセンスカバーを組んでいきます
球切れも無くそのまま組んでもOKですが…

DS238(59).jpg
全部分解してレンズ洗浄や接点の磨き作業を行い

DS238(60).jpg
新品バルブに2個とも交換です

DS238(62).jpg
取付前に電源を繋いでの作動チェックと明るさが増したかの点検を行い

DS238(64).jpg
車体に同色塗装を施行したカバーにレンズなどを組んでから取付です
細かい作業ですが、施行した分だけ良いミニになるので手は抜けないですね~

DS238(51).jpg
リヤスピーカーボードでほぼ隠れてしまうリヤガラス下部の内張りですが、元の
内張りがボロボロでしたので車用の専用生地を使用してワンオフにて製作する事に

DS238(52).jpg
天井内張りも交換する場合は付属するので楽なのですが、今回は再使用しますので
新規作成です

DS238(54).jpg
純正を元にカットした生地を車体に合わせて加工中

DS238(55).jpg
両端のカーブ部分などがしっかりと密着するように気を付けながら
作業を進めていきます
ガラスなどを組むとチョッピリしか見えない箇所ですが、意外と気になる
人が多い箇所なので慎重に作業中

DS238(66).jpg
高年式ボディですのでピラー部分下側の補強パネルが有りますので
元の生地を張り直していきます

DS238(69).jpg
ココもエッジがしっかりと出る様に修正しながら貼り付け

DS238(71).jpg
ルームランプも一度洗浄してから接点などを磨いて取付準備です

DS238(72).jpg
天張りが再使用なので限界はありますが、気になる部分を出来る限り修正しながら
組み付け中

DS238(73).jpg
ボディの各アース部分は全て研磨して電気の流れを確保しながら作業中

DS238(74).jpg
配線も元の物を使用する場合でもハンダを入れたりしながらの作業です

DS239(18).jpg
全塗装赤ミニをオーダーして頂いたM様からコーヒーの差し入れを頂きました☆
生まれ変わったボディを見ながら、ホイールの色などをご選択して頂きましたので
早速オーダーをさせて頂きます

DS239(17).jpg
雨天走行テストを予定しているT様タヒチミニですが、せっかくの好天でしたので
ボディの洗車&撥水コーティングを先に施行させて頂きました

DS239(19).jpg
タイヤも4本ともコーティングを施行

DS239(16).jpg
両端が切れていたワイパーゴムも新品に交換させて頂きます

DS239(15).jpg
あとは今週末の天気予報が当たって雨になってくれれば雨天時のテスト走行が出来るのですが
お天気次第ですね~

DS239(10).jpg
分解見積もり中の998ミニのトランクを外して各部確認など

DS239(8).jpg
予想どうりヒンジガスケットがボロボロになっていましたので

DS239(12).jpg
入荷した新品ガスケットと差し替えして組み直しです

DS239(13).jpg
外から見てもほとんど分からない部分なので触っていないミニが多い気がしますが
、雨漏れの原因になったりしますので意外と大事な部分になりますね

本日の作業

DS238(81).jpg
季節外れなストーブを用意して防振&静音素材なアスファルトシートを
加熱中

DS238(92).jpg
インジェクションモデルからは改良されてますが、キャブレター時代には
防音などの素材が採用されていないので…

DS238(94).jpg
パネルの共振防止も兼ねてシートを天井裏に貼り付けして、雨に日などでも
快適な室内空間になる様に車体のレベルアップ作業など
完成すると見えない部分なのですが、やはり対策したミニの静かさを知ってしまうと
費用は掛かっても施行したくなりますので…

DS238(48).jpg
全塗装の旅に出ていたミニが塗装が完了して戻って来ました♪

DS238(80).jpg
早速、赤ミニのドアなどにもシートを貼り付けしてドア開閉時にバチャンでは無く
ドンッと閉まるドアにして行きます

DS238(86).jpg
新車時よりも少し増量(笑)しておきますね☆

DS238(82).jpg
ドア以外にも大き目なパネルには貼り付けを行いボディ全体が淑やかに
なるように作業中

DS238(88).jpg
ココも増量貼り付けを施行しておきます

DS238(91).jpg
他にも燃料タンク装着部分など長年の経験で得たスキルで色々と
対策を施行していきます

DS238(78).jpg
明日は定休日になるのでドア内部に防錆対策を先に施行するべく養生を
行い

DS238(79).jpg
ドア上部のパネル合わせ部分とドア下部のアウタースキンと骨組みの間など
を重点的にノックスドールを施行中

DS238(75).jpg
塗装の為に移動させていた車両ハーネスも元に戻す前に改良を
加えていきます

DS238(76).jpg
老朽化しているアースポイントなどの端子を新品に交換してハンダを流し
接点の不良が出ない様に改善中

DS238(77).jpg
ボディのアース部分なども研磨して地金をしっかりと出したりねじ山の塗料を
タップで取り除いたりしながら電気の流れ具合を本来のレベルまで改善ですね
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード