FC2ブログ

本日の作業

DS363(69).jpg
部品の入荷待ち中で作業ストップなM様白ミニです
オルタネーターの発電もGoodレベルに回復したので

DS363(70).jpg
エンジンを温めてから排気ガス濃度の測定です

DS363(73).jpg
OKな値が出ていますので大丈夫ですね♪

DS363(109).jpg
事故の影響でステーの半分位が千切れていた赤白ミニですが
カラー部分に段付き摩耗が見られたのでステー丸ごと交換する
修理方法に変更です

DS363(82).jpg
かろうじて残っていた部分も切断して

DS363(83).jpg
ボディアースを確保する為に塗装を剥がして行きます

DS363(84).jpg
補修用に販売されているステーも塗装を剥がしてアースの
確保ですね

DS363(85).jpg
各パーツを一度仮組みして位置出し作業など

DS363(87).jpg
ちょっとだけ作業性UPの為にボルトを旋盤加工してクリアランスを
調整

DS363(92).jpg
補修用ステーを本組みしてからプライマーなどの下地処理を進めて
いきます

DS363(96).jpg
ロッドが装着されると見えなくなりますが、ボディ色にて塗装を行い
防錆対策です

DS363(100).jpg
予算的になかなか人間の方の暖房などは増えませんが(泣)
新兵器の導入してパネルの温度を上げられるようになりました

DS363(114).jpg
ようやく事故の影響で発生したボディの各部修理の方が完了したので
作業の邪魔になるので外していたフロントバンパーなどを元の
状態に戻していきます

DS363(115).jpg
バンパー取付を行ってから

DS363(116).jpg
オーバーライダーも元の装着位置へ戻します

DS363(119).jpg
事故とは無関係ですがバルクヘッドのスポンジも経年劣化で
ボロボロになっていて気になるので、一度剥がして型起こしなど
を行いました
ようやく折り返し地点位までは作業が進んだ感じですかね~

本日の作業

DS363(56).jpg
S様カントリーマン用にご注文をして頂いていた旧式シフトレバー用の
ブーツが入荷です
リプロ品しか選択肢が無く耐久性もアレですが…入手可能なだけマシ
ですね

DS363(58).jpg
M様白ミニの作業続きです
フロントに国産メーカー製のスタビライザーが装着されていますが
ピローボールの1箇所にガタが出ていますので修理開始

DS363(57).jpg
補修用でパーツが入手可能ですので部品を手配して

DS363(59).jpg
サクッと交換して終了な予定でしたが…融雪などの影響なのか
固着が酷くバラバラにして頑張ってみる事に

DS363(60).jpg
熱を加えてサビで固着している箇所を剥がすのですが、あまり
加熱すると膨張率の違いからジョイントが割れるリスクが有るので
慎重に時間を掛けて作業中

DS363(61).jpg
ギリギリでしたが何とかガタが出ているピローボールの取り外しに
成功ですね♪

DS363(63).jpg
新品部品に固着防止対策を施行してから組み付けです

DS363(64).jpg
ノギスなどでセット位置を決めてから本締めしてスタビライザーの
ガタつき修理が完了です☆

DS363(29).jpg
リヤ廻りの作業が先に完了したのでサービスでグリスアップ作業を
施行です
残りの作業はまだ入荷していないパーツが有りますので、届き次第
作業再開の予定です

本日の作業

DS363(44).jpg
M様白ミニの作業続きです
エンジン全体のサビの影響でメインアースの容量不足が出て
いますので簡易アーシングを追加する為に部品の製作など

DS363(42).jpg
サビサビなのでテスターで確認しながら研磨を施行

DS363(46).jpg
あまり悪くなるとアクセルケーブルなどに電気が流れて危険な
状態になったりもしますので電気の流れを改善していきます

DS363(52).jpg
メイン系統のプラス側の経年劣化部分の補修と合わせて
アーシング追加によりココまで電圧UPしました☆

DS363(15).jpg
洗浄作業を行ったラジエーターリザーブタンクでしたが、洗浄した事により
中が空だった原因を特定しました
ホースを少し抜いた辺りに経年劣化によるクラックが見つかり、割れた箇所から
漏れてます

DS363(17).jpg
新品タンクがそこそこ良い価格なので補修出来ないかテストしてみます

DS363(18).jpg
2液タイプの耐熱仕様のケミカルを使用してクラック補修作業を行い
熱を加えて化学反応させていきます

DS363(41).jpg
完全に固まってからホースを繋いで固定方法もクリップ式から
バンド式に変更など

DS363(47).jpg
冷却水を入れて漏れが止まったかテスト中です
これでOKなら車両に取付ですね

DS363(21).jpg
変なマフラー吊りゴムが装着されていたリヤマフラーも改善して
いきます

DS363(23).jpg
もしかしたら普通の吊りゴムが装着出来ないとかのパターンかとも
思いましたが…

DS363(24).jpg
問題無く日本製強化タイプの吊りゴムの装着が可能ですね~

DS363(25).jpg
反対側も同様に

DS363(27).jpg
普通の状態に仕様変更完了です

DS363(33).jpg
純正状態だと施行されているビビリ音対策のシーラーが剥がされて
いる状態でしたので

DS363(39).jpg
シーリングガンを使用してビビリ音対策を行います

DS363(40).jpg
これで純正状態と同じになりましたので、不要な異音がまた一つ
消せますね♪

本日の作業

DS362(2).jpg
M様白ミニの作業続きです
選んで頂いたシビエ製ヘッドライト新品の下拵えから開始

DS362(8).jpg
スモール球の端子を交換してハンダ付け処理など

DS362(9).jpg
ヘッドライト球は付属しますがスモール球は別売なタイプのライト
なので日本製のスモール球を組んでいきます

DS362(10).jpg
サビでボロボロ&組み付け不良だったりなヘッドライトのインナー
リングも防サビ対策済みの新品に交換させて頂きます

DS362(11).jpg
別売のクリップ&ネジも全て新品を用意して組み付け中

DS362(13).jpg
元の装着品のヘッドライトと比べると輝きが違いますね☆
光量も2倍以上にはなりそうです

DS361(77).jpg
先日、ご来店をして頂いた時に見て頂いた他店様での締め忘れと
思われた不具合でしたが…そもそも組み方自体が間違っている事が
判明して反対側もアウトで内部で破損していて残念な感じ

DS362(21).jpg
なんにしても清掃やサビ取りなどが一番重要なので、サビ固着部位など
ひたすら作業を進めていきます

DS362(45).jpg
地域柄、仕方が無い部分もありますがサビが出ている箇所が多め
ですね~

DS362(76).jpg
ボルトやナットも全部清掃しながら再使用可能部品とダメな部品を
判別していきます

DS362(34).jpg
先日見て頂いた凹み有りタイプと最良品の比較です
耐久性に違いが出ますので、普段は見えませんが重要な違い
になりますね

DS362(36).jpg
使用するブーツも日本製で追従性の高い形状の物を使用して
長く安心して使用可能な状態にしていきます

DS362(55).jpg
新品パーツですが英国製のグリースが入っていますので、そのまま
でも使用可能ですが日本製グリースに入れ替えしてから組み付けなど

DS362(80).jpg
リヤ廻りの点検などを行う為に燃料タンクをズラしていきます

DS362(81).jpg
燃料タンクに入っているハイオクガソリンを抜いて作業可能なレベルの
タンク重量に調整中

DS362(86).jpg
軽くなったタンクを横に移動させていきます

DS362(104).jpg
燃料タンクを移動させるのにスペアータイヤを下ろしたのですが…
手に持った瞬間に違和感有りで…エアー圧を見て見るとゼロを
指していて??

DS362(105).jpg
新車から乗ったままと思われるスペアタイヤがバーストしていました
約27年物かと思われるタイヤなので仕方が無いですねかね~

DS362(111).jpg
空に見えたラジエーターリザーブタンクも一度外して点検です
やはり中に冷却水は無い状態でした

DS362(114).jpg
タンクの内部洗浄を行い

DS362(117).jpg
真水が出て来るようになるまでお掃除中

DS363(2).jpg
色々と修理のお見積りなどでご来店のN様40thミニです
軽くエンジンルームの目視点検などをさせて頂きました

DS363(3).jpg
右フォグが点灯したりしなかったりと怪しい感じらしいので、次回の
お預かり時に見させて頂きますね

本日の作業

DS361(80).jpg
オーナー様にご来店をして頂き、ミニの各部の現状がどのようになって
いるかを見て頂いたうえでGoサインを頂きましたので修理開始です

DS361(81).jpg
何故か装着されていなかったボンネットの走行中の振動などで
抜けたりしないように装着されているクリップを新品にて取付です
これでバーが落ちてしまったりなどのトラブルが回避出来ますね

DS361(44).jpg
ヘッドライトが暗いとの事でしたので点検ですが、ライトがグラグラしていて?…

DS361(43).jpg
アウターリングを外して見た所…部品が無い箇所などが見られます

DS361(42).jpg
アウターリングの裏に部品は有りましたが…(関係無いネジも左右1本づつありましたが)
締め忘れですかね~

DS361(70).jpg
ヘッドライト自体も部品は古くは無さそうですが輝きが無く光量が出ない
タイプですので交換させて頂く事になりライト分解中

DS361(71).jpg
運転席側はまだギリOKでしたが助手席側のハーネスの処理に相当な
無理が有り…ヘッドライト枠も予定には無かったのですが外して修正して
いきます

DS361(72).jpg
ある程度の配線処理までは完了しましたが、他に変な箇所が無いか
明日確認をしてから続きを行う事にします

DS361(66).jpg
13.0~13.1V前後しか発電していない状態でしたので、バッテリーアース部の
磨き作業など下準備として必要な作業を終えてから

DS361(21).jpg
経年劣化の見られるオルタネーターの交換作業をさせて頂きます

DS361(41).jpg
ファンベルトも調整限界まで伸びていますのでベルトも2本とも新品に

DS361(45).jpg
10年程前に流行した日本製のオルタネーターですが寿命です

DS361(47).jpg
オルタを外したついでに、今しか出来ない箇所などをサービスで
少しだけ対策なども♪

DS361(48).jpg
新品のオルタネーターとベルト2本を準備します

DS361(50).jpg
一度仮組みを行い各部クリアランスなどの測定作業中です
ここ最近は一発で決まるミニが多かったのですが…今回は色々と
加工修正が必要な感じです

DS361(52).jpg
ポン付けでも一応動きますが、ベルトのセンター出しやテンションの掛かり
具合など何回も新品オルタを脱着しながら修正作業中

DS361(55).jpg
結局、ほぼ半日掛かってしまいましたが(笑)納得出来るレベルにて
ようやくオルタネーターの交換作業も完了です
意外と斜めにベルトが掛けられているミニが多かったりするので、地味ですが
大事な部品の耐久性なども変わってきますので作業になりますね

DS361(58).jpg
13.1Vから13.6Vまで数値が上昇しました☆
あと、少し始動時のクランキングのタイムラグが気になるので
エンジンルームのワイヤリングを修正して電気廻りは完成の予定です
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード