FC2ブログ

本日の作業

DSCN3591(1).jpg
今日もレーシングミニのエンジンです

DSCN3591(3).jpg
~96yまでのミニのエンジンに装着されているオイルデリバリーパイプです
インジェクション化されてからこの部分のオイル漏れが頻発して
まだディーラーがあった時代に対策品としてアルミのカラーが
出ていたのですが、

DSCN3591(2).jpg
なぜかエンジンブロック側は対策品が装着されていたのに、オイル
フィルター側は対策前の純正品のままでした
フィルター側からのみオイル滲みが出ていたのはこれが原因ですね

DSCN3591(4).jpg
ゴムブッシュカラーが劣化して変形しています

DSCN3591(6).jpg
エンジンの油圧が異常に上昇しないようにコントロールしている
プレッシャーバルブも外して点検です

DSCN3591(5).jpg
非常にきれいな状態ですね
エンジンの素の状態は悪く無い感じですね

DSCN3591(7).jpg
エンジン部分の分解開始です
タペットカバーを外してエンジンヘッドを外す準備です

DSCN3591(9).jpg
特に異常も無く走行距離相応のヘッドに感じますね

DSCN3591(8).jpg
ピストンの状態も普通の車屋さんで扱うエンジンオイルで管理されて
いたエンジンなのでこんな物だと思います

DSCN3591(13).jpg
バルブリフターの状態です
1&2番のインテーク側のリフター表面が荒れていますね

DSCN3591(12).jpg
リフターは要交換ですが全体の痛み具合は悪く無く程度は良さそうです

DSCN3591(14).jpg
クランクメタルはちょうど交換時期だったみたいです
異物などの噛み込みはありませんでしたが、センターベアリングが
もう少しで終了な感じです

DSCN3591(15).jpg
コンロッドメタルの方は非常に良い状態で再使用も可能ですね
まあ、せっかく開けたので交換してしまいますが…

DSCN3591(16).jpg
クランクシャフト&カムシャフトも異常なしです

DSCN3591(17).jpg
カムシャフトの方は若干リフターが荒れていた箇所が痛んでいますが
ラッピングすれば再使用可能な状態です

DSCN3591(18).jpg
エンジンブロックからピストンを取り外してブロックのシリンダー
をきれいにします

DSCN3591(19).jpg
簡易的にですがホーニング作業を行いシリンダー内を研磨しました

DSCN3591(21).jpg
取り外したピストンの状態です
普通に真っ黒ですね~

DSCN3591(20).jpg
とりあえず1個だけ洗浄しました

DSCN3591(24).jpg
時間は掛かりましたが4個ともきれいになりました♪

DSCN3591(25).jpg
このカムシャフトが今回の目玉ですね☆
無事に計算どうり動いてくれると良いのですが

DSCN3591(26).jpg
リフターも同じメーカーの方が相性も良いのでスイフチューン製です

DSCN3591(27).jpg
コンロッド&クランクメタルも今回はクォリティの高い商品を選択です

DSCN3591(29).jpg
エンジンブロックのオーバーホール&チューンが完成です

DSCN3591(28).jpg
調整式の強化タイミングチェーンを使用する予定なのでタイミングチェーン
のベースプレートにも加工を施しておきます

DSCN3591(30).jpg
加工したベースプレートを組み付けしてミッションとの合わせ面を
脱脂して乾燥させます

DSCN3591(32).jpg
日本製の金属バー入りの半月シールを挟み込んでミッションを
エンジンブロックに合体させました
久しぶりにエンジンやミッションを持ち上げる作業を行いましたが、
年のせいか腰の負担がきつかったですね~
以前は100kg位なら動かせたのですが…
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード