FC2ブログ

本日の作業

DSCN4201(5).jpg
タイヤを1本お買い上げ頂いたI様クラブマンです
お預かり中のカントリーマンの整備の参考にオーナー様のご好意で各部の
仕様を見学させて頂きました♪

DSCN4201(1).jpg
4輪ドラムブレーキ車でカントリーマンと同じシングルラインのブレーキ
マスターが装着されていますね
この車両はハイドロ仕様なのでタワーマウント部からゴムホースが伸びているのが
特徴的ですね

DSCN4201(2).jpg
ラジエーターも当時の物だと思いますが、カントリーマンには装着されて
いなかったゴムのシュラウドカバーが装着されていました
ワイパーモーターの形状も違いますね
こちらは現代のミニに近い形状のようです

DSCN4201(3).jpg
カントリーマンと同じダイナモ車ですが、こちらのプーリーとベルトの関係を
見るとカントリーマンの方はだいぶ劣化が進んでいるのが分かりました

DSCN4201(4).jpg
レギュレーターの形状も違うみたいで、こちらの方が少し大きめですね
同じ35Aの2本ヒューズタイプでも色々な仕様がありますね~

DSCN4201(6).jpg
存在は知っていましたが、現物は初めて見ました!
古いオーディオを改造してiPodなんかを繋いで音が出せるユニットです
確かに古系のミニに最新オーディオの装着って佇まい的に…
I様のおかげでカントリーマンの整備に役立つ生の情報が頂けましたので
感謝ですね

DSCN4201(7).jpg
車検でお預かりしていたサーフブルーミニが納車間際になって水温計が不動に?
インジェクション車なので水温センサーの故障でも水温計は動くはずなのに…
色々点検を行い、ECU診断機で強制的に水温計の針を動かして見る事に

DSCN4201(8).jpg
最終的に若干の力技も使用して、何とか水温計の針が動くように復活しました

DSCN4201(10).jpg
I様赤黒ミニが電装品をいっぱい使用するとエンジン不安定になるとの事で
ご来店です

DSCN4201(12).jpg
点検を行いバッテリーは元気で始動時の電圧ドロップも正常です
ベルトも鳴きも無く正常ですし、ボディのアース関係も良好な状態でした
オルタネーターの電圧点検は若干数値は低いようで、数値が安定しない時が
あるみたいですね
残念ながら不安定になる症状が確認出来なかったのですが、オルタの発電量は
新品に比べると落ちているのは確認出来ましたのでオーナー様と相談の上で
部品を交換する事に

DSCN4201(16).jpg
取り外した12年物のオルタネーターです
当店でこのタイプのオルタネーターで不良が出た事はまだ無かったのですが…

DSCN4201(14).jpg
新品の純正オルタネーターです
日本製の最新タイプもありますが、今回はメーカー管理下の時代の新品が
ありましたのでコチラを使用します

DSCN4201(15).jpg
普通の佇まいですね♪
綺麗なエンジンルームなので、この部分もきれいになってバランス的には良いですね☆

DSCN4201(18).jpg
20分ほど慣らし運転を行い発電量のチェックと電圧の変化などをチェック中です

DSCN4201(9).jpg
クラシックミニマガジンの最新号が入荷しました!
当店のお客様も小さくですが発見しましたよ
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード