FC2ブログ

本日の作業

DSCN2099(3).jpg
明日納車予定のM様キャブクーパーの洗車です
毎日暑いのでボディが冷えている状態の朝一番での作業になります

DSCN2099(2).jpg
お預かり中のT様タヒチミニのブッシュ交換です
流行物ですが、毎週交換作業を行っている様な気がしますね~
交換作業後は異音も消えて快適な室内になりましたよ♪

DSCN2099(5).jpg
家の軽自動車のガラスモールが破損したので修理開始です

DSCN2099(4).jpg
メーカー在庫でしたので入荷を待って部品交換になりました
最近の日本車は殆どの部品がメーカーにしか在庫が無いので修理時間が
無駄に掛かり面倒ですね

DSCN2099(7).jpg
色々な実験を行う為に製作中のレーシングエンジンのクラッチシール交換作業です

DSCN2099(8).jpg
プライマリーギヤに専用カバーを装着してオイルシールを保護しながら
新品の日本製オイルシールをギヤに入れていきます

DSCN2099(9).jpg
さらに別の専用工具を使用してオイルシールを必ず毎回同じ位置&深さに
装着します
この工具を使用する事により、毎回同じ条件化で色々なオイルシールの製品評価が
正しく行えるので非常に重要な作業になります


DSCN2099(10).jpg
装着が完了ですね
今回はプライマリー側のメタルブッシュに少し細工を入れた事の評価実験になります

DSCN2099(12).jpg
軽量化&バランス修正済みのフライホイール&クラッチキットを組み込みします
上側の複数の穴がバランス修正し直しした箇所になります

DSCN2099(14).jpg
フィルターヘッドガスケットを交換してステンメッシュタイプのオイルデリバリー
ホースを取り付けしました

DSCN2099(13).jpg
タイミングチェーン側のオイルシール取り付け部分も専用工具を使用して
ケースの変形を修正後にロールピンを使用してクランクプーリーに対して
かなり精度を上げた状態でクランクプーリー中央に合わせてセンター出しを
行います
こちらもオイルシール評価の為に必要な作業ですね

DSCN2099(16).jpg
全ての加工が終了後に塗装を行いタイミングチェーンケースの取り付けです

DSCN2099(15).jpg
ウォーターポンプも取り付け面の清掃後に新品交換しました

DSCN2099(17).jpg
バランサー機能付きのクランクプーリーと強化ロングタイプのプーリーボルトを
装着してブロック側の作業が完成です
ロングボルトはハイカム装着車やキャブ車などで必要になる事が出てくる部品なので
通常インジェク車などでは使用しない部品ですね
プーリーはサビの発生を防ぐ実験を行うので黒染めスプレーにて3μほどの塗膜で
黒色に仕上げてあります
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード