FC2ブログ

本日の作業

DSCN3650(10).jpg
お預かり中のF様チョコミニの洗車&撥水コーティング中です

DSCN3650(11).jpg
室内の残りの作業を行う為にシート等を外して各部対策中

DSCN3650(12).jpg
ボディサイドも洗車してきれいになったので乾燥させて、

DSCN3650(13).jpg
当店オリジナルのサイドゴムモールで鋭角な部分を保護しました

DSCN3650(15).jpg
クーラーの作動具合チェック&オイル交換でご来店のK様
キャブミニです
エンジンルームを点検中にブローバイホースが外れているのを発見です

DSCN3650(16).jpg
クラッチ側のホースが外れてクーラーコンデンサーのファンで擦れて
いたみたいですね

DSCN3650(20).jpg
抜け癖が付いている可能性もありますのでホースバンドでしっかりと
固定する事にします

DSCN3650(21).jpg
エンジンオイル&オイルエレメントの交換作業です

DSCN3650(22).jpg
いつものペンズを注入して作業完了ですね

DSCN3650(1).jpg
お預かり中の車両の32年物のボンネットヒンジなんですが、ボルトが片方肉痩せしていて
ナットが空回り状態になっていました

DSCN3650(24).jpg
90年代のミニのヒンジとは形状が当然違うのですが、数種類存在するヒンジの
中でこの形状と同じ形の部品だけが欠品中みたいで部品交換が不可能な事が
判明したので…

DSCN3650(4).jpg
とりあえず一発本番で作業すると失敗した時に困りますので、在庫の車両の
ヒンジを外して内部構造(溶接具合の確認等)を知る為に色々と削って行きます
溶接部分を削り落として普通のボルトをこんな感じで溶接すれば機能的には
OKなんですが…

DSCN3650(5).jpg
旧車好きな当店のお客様たち的にはこんな風に仕上げないと納得しないと思われますので…
上記の90年代ミニに装着されていたヒンジをリューターで少しづつ削って
必要になるボルト&座面を2時間ほど掛けて取り出してから、入手可能な
年代のヒンジを加工して一度試しに使用可能かテストしました

DSCN3650(6).jpg
とりあえず移植は可能っぽい事が判明したので、入手不可のヒンジで
本番加工に入ります

DSCN3650(23).jpg
何とか修復作業が完了しました
色は本職の塗装工場さんでお願いしますので、当店での仕事はココまでですね~
さて、この作業代はどこに請求すればよいのでしょうか(謎)
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード