FC2ブログ

本日の作業

DSCN8421(31).jpg
昨日に引き続き商品車のオイル下がり修理です
シックネスゲージを使用してとりあえずエンジンが始動できるレベルで
タペット調整中です
エンジンが無事に始動したらもう一度しっかり調整するので普通のクリアランスにて
仮調整ですね

DSCN8421(35).jpg
サーモスタットも信頼性が向上するように日本製に交換して組み付けです

DSCN8421(34).jpg
ラジエーターも劣化していた純正からアルミラジエーターに交換しました♪

DSCN8421(39).jpg
修理が完了したのでエンジン冷却水を入れてエアー抜きです

DSCN8421(32).jpg
エンジンヘッドが正常な状態でピストンリングの磨耗具合の確認の為に
リークダウンテストも行いました

DSCN8421(40).jpg
純正水温センサーの作動状況をチェックしながら暖気中です

DSCN8421(58).jpg
無事にオイル下がり修理が完了しました
明日の朝の最終チェックで問題がなければ作業終了の予定ですね

DSCN8421(42).jpg
オイル漏れ他でお預かりしたF様サーフブルーミニです

DSCN8421(43).jpg
当初お聞きしていた箇所よりもオイルクーラー関係が怪しそうな雰囲気ですね

DSCN8421(44).jpg
アンダーガードにも大量のオイルが付着していました

DSCN8421(45).jpg
スターターも外して確認しましたが、コッチでは無さそうな感じです

DSCN8421(46).jpg
オイルクーラーや温度センサーのアダプターかセンサー本体からの漏れでしょうかね

DSCN8421(47).jpg
サーキット走行なども行うミニなので振動などで緩みが出たりゴムリングの経年劣化など
の複合で漏れている感じです

DSCN8421(50).jpg
とりあえずアンダーガードなどの洗浄を行いました♪

DSCN8421(51).jpg
オイルエレメントを取り外して各部の確認作業中です

DSCN8421(53).jpg
取り付けしたのは2007年位だったと思いますのでゴム関係は寿命でしょうね

DSCN8421(54).jpg
両方ともゴムリングが完全に潰れている状態ですね

DSCN8421(55).jpg
オイルクーラーをエンジンから取り外して単体点検です

DSCN8421(57).jpg
オイルクーラー内部に残っているオイルも逆さに吊って全て抜き出しましょう
とりあえず明日の朝まで吊り下げしておきます

DSCN8421(56).jpg
シール関係やホースの一部を交換すれば復活させる事は簡単ですが、以前は無かった日本製
高精度温度センサーが今のエンジンには装着されていますのでオイルクーラー無しの
データも欲しいのと他の箇所のオイル漏れ点検が簡単になるのでとりあえず
オイルクーラーレスで一度組み上げる事にします
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード