FC2ブログ

本日の作業

DSCN2410(44).jpg
セルフ式のガソリンスタンドでちょっとだけ(笑)やらかしてしまった
ミニがご来店です

DSCN2410(45).jpg
ガチャ止めから少しだけ継ぎ足し給油をしようとしたらしいのですが…
がっつりレバーを握ってしまったらしくミニのボディにガソリンを十数リッター
程………とりあえず現場のスタンドで軽く水は掛けたそうですが念の為に
点検開始です

テールランプレンズ内部にもガソリンが残っていましたので分解して洗浄です

DSCN2410(47).jpg
テールランプ内部もエンジンクリーナーで洗浄しておきます

DSCN2410(48).jpg
洗浄後にエアブローをして乾燥中

DSCN2410(49).jpg
ボディが痛むと困るのでボディ丸ごとオーナー様が洗浄中です
これから暫くはガチャ止めでの給油が良さそうですね

DSCN2410(6).jpg
エンジンヘッドの分解開始です

DSCN2410(7).jpg
バルブスプリングを取り外してバルブのガタを確認していきます

DSCN2410(8).jpg
バルブステムシールも劣化で硬化していますね

DSCN2410(9).jpg
ガイドのガタは殆ど無くオイル下がりも無かったみたいでバルブも
走行距離に対して非常に綺麗な状態でした

DSCN2410(13).jpg
点検の結果バルブもヘッド本体も再使用が十分に可能な状態だったので
リペア作業を開始します

DSCN2410(11).jpg
専用の工具を使用してバルブシートをカットしていきます
今回は耐久性重視のノーマル仕様なのでカット数も少なめで
仕上げます

DSCN2410(12).jpg
ほんの僅かですがシートカットを行いバルブの当たり面を修正しました

DSCN2410(14).jpg
純正バルブの状態も酷い感じでは無さそうなので修正していきます

DSCN2410(15).jpg
ついに購入してしまったバルブ修正専用の特殊工具を使用して
外注作業無しでバルブを再生していきますよ♪

DSCN2410(16).jpg
初めて行う作業なので使用しない予定のダメージが大きいバルブを
使用して少し練習です

DSCN2410(17).jpg
やはりダメージが大きすぎるバルブだと綺麗な状態まで修正すると
外形の変化が大きくなるみたいですね
廃棄予定のバルブでは深い傷までは消せませんでした

DSCN2410(19).jpg
どの位の傷まで消せるかは経験を積むしか無さそうですが
軽いダメージなら十分に再使用可能な修理が出来ましたね☆

DSCN2410(23).jpg
全数シートカットを行いバルブ修正を終えたインテーク&エキゾースト
バルブを摺り合わせして洗浄準備中です
今回から両側きっちり修正する事が可能になったのでいつもの1/3位の
作業時間で摺り合わせ作業が完了です

DSCN2410(24).jpg
高圧洗浄にてオイルラインなどもキッチリ洗浄していきます

DSCN2410(25).jpg
今回は状態が良好でしたのでバルブガイド交換なども無くステムシール
交換でいけそうですね

DSCN2410(26).jpg
ノーマルスペックですがバルブスプリングは全数ノーマル新品に交換して
おきます

DSCN2410(27).jpg
ヘッド廻りの再生作業完了ですね

DSCN2410(28).jpg
サビ止めも兼ねてエンジンヘッドの塗装を行います

DSCN2410(43).jpg
しっかりと塗装を行い乾燥中にゴミなどが入らないようにフタをして
ヘッドが完成ですね
久しぶりにポートもガイド改良もしない普通のヘッドになりましたね

DSCN2410(30).jpg
色々な部品から選び抜いた部品にてブロック廻りの組み付け開始です
特にリフターは軽量でも無ければオイルホールも無い商品ですが
新車に組み込まれていた当時のクォリティが出ている物を厳選して選択し
投入しています
※逆にチューニングパーツの方が安くすんだ気もしますが…

DSCN2410(31).jpg
カムシャフトは少し気になる箇所があったので在庫している良品中古パーツ
に入れ替えして組み込みです

DSCN2410(32).jpg
ちょっとデータ取りも兼ねてSTDサイズピストンのままで今回は組み込みします

DSCN2410(34).jpg
リング溝をしっかりと清掃したピストンに新品のピストンリングを組み付けしていきます

DSCN2410(37).jpg
コンロッドベアリングは再使用が出来るレベルでしたが他の箇所との兼ね合いも
あるので新品に交換しました
この辺の部品の痛み具合でオーナー様の管理状況などは直ぐに分かりますね

DSCN2410(35).jpg
ホーニング済みのシリンダーにピストンを挿入していきます

DSCN2410(38).jpg
プライマリー用に中古も多く揃えていますが最近はクリアランス的には
新品でないとなかなか数値が良い所に来てくれませんね

DSCN2410(39).jpg
基準値の中で店主の経験を踏まえた数値に収まるように調整を行い
オイル漏れを止めて軽やかに回る耐久性の有る所に収めました
※ココは詰めすぎると焼き付くし、ゆるいと漏れる結構厄介な部分なので
何回も自家用ミニで痛い目に合いながらストリートからサーキットまで対応の
数値をここ数年でやっと確立出来た部分ですね
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード