FC2ブログ

本日の作業

DSCN4165(70).jpg
N様ユーコングレーミニの冷間時の排気ガス濃度測定からスタートです

DSCN4165(71).jpg
朝1番なので始動時増量の補正が掛かっているので濃い目ですが悪くは
無い感じですね~
オイル下がりの症状である白煙も確認出来なかったので、数日置かないと
白煙が出ない位は症状の改善はされていそうな感じでしょうか

DSCN4165(74).jpg
冷却水を抜いて作業の準備中です

DSCN4165(77).jpg
取り外したラジエーターの点検を行いましたが、いつまでも茶色いサビ汁が
出てきますね~
コア内部に結構な詰まりが有りそうな気がします

DSCN4165(79).jpg
ファンブレードにも複数の亀裂有りです

DSCN4165(80).jpg
結構大きい亀裂も有り要交換ですね

DSCN4165(81).jpg
水漏れの主原因を探す為に分解作業中

DSCN4165(83).jpg
おそらくですがウォーターポンプの取り付けボルトが緩い感じだったので
締め付け不足によりガスケットに亀裂が入り加圧された時に漏れ出して
いた事がメインの原因みたいですね

DSCN4165(84).jpg
エンジンブロック内部は予想よりは綺麗な状態です

DSCN4165(85).jpg
ヘッド部分はサビ色が全体的に付着気味でしょうかね

DSCN4165(86).jpg
各ホース類も接続部分からの冷却水滲みが有りましたので
全体的に交換が必要になりそうですね

DSCN4165(87).jpg
ラバーコーンは走行距離を考えれば普通の劣化具合ですね
サブフレーム等に損傷は見られませんでしたのでOKでしょう

DSCN4165(89).jpg
心配だったインテークマニホールドの接続部分腐食も何とか
クリアですね
このレベルなら内部をしっかり洗浄してセンサー交換でOKだと思います

DSCN4165(88).jpg
黒煙の原因を探る為にインテーク廻りも分解です

DSCN4165(105).jpg
スロットルボディを取り外して点検開始です

DSCN4165(106).jpg
封印用のメクラが外されていますので、過去に何か調整が行われている
可能性がありますね

DSCN4165(107).jpg
赤色の液体がハイオクガソリンになりますが、ちょっと付着率が多めな
感じがしますね~

DSCN4165(108).jpg
エンジンヘッドとの接合部にも通常よりも多めなガソリンが付着しています

DSCN4165(109).jpg
エキゾースト&インテーク共に締め付けトルク不足な感じでしたので
2次空気混入までは無さそうでしたがちょっと影響が出ていたかもですね

DSCN4165(116).jpg
水温センサーは事前のチェックで校正ズレが見られたので交換予定でしたが
PTCマニホールドヒーターの内部セラミックヒーター部分が破損していたので
追加で交換が必要になりそうです
燃料の気化を促進させる為の部品なのでコレが破損していた為に作動していない事も
赤色の大量付着の原因かもですね~
ちなみにこの小さい丸い部品1個で約5万円なので…恐ろしいお見積もり金額になって
しまいそうです

DSCN4165(92).jpg
室内側の点検を行う為に運転席を外してスペースを確保します

DSCN4165(93).jpg
クラッチの違和感を感じた原因は予想どうりでしたね
漏れている状態で走行していた為にボディの塗膜が一部剥がれていました

DSCN4165(96).jpg
ヒーターユニットも分解して内部の状態を確認します

DSCN4165(97).jpg
ホースが固着していて取り外し苦戦中

DSCN4165(98).jpg
ようやく取り外し中を見ましたが…サビサビです
内部コアも詰まり気味でしょうね~

DSCN4165(99).jpg
コアの接合部分に漏れた形跡が有るのでヒーターコアも要交換ですね
ここから漏れた冷却水がフロントガラスを普通よりも多く曇らせる原因です

DSCN4165(100).jpg
チェック作業で気になったヒーター開閉ノブの硬さはヒーターバルブの作動不良が
主原因ですね
ケーブル側も不良の可能性が有るので、明日にでもチェックを行います

DSCN4165(101).jpg
もしかしたらこの辺りは丸っと激変させるかも(笑)なので、使用できる
箇所とダメな箇所を良く確認中です

DSCN4165(104).jpg
点火コイル系統のワイヤーハーネスに補修歴が見られるので
車両ハーネスも少し点検した方が良さそうですね

DSCN4165(103).jpg
オルタネーターは外す必要は無かったのですが、例の怪しい刻印を調査する
為に取り外して色々と悩んでみますね

DSCN4165(111).jpg
エンジンオイル交換でご来店のI様黒白ミニです

DSCN4165(112).jpg
今年のミニジャックは彼女も一緒に行けそうとの事でテンション上がりまくり?
ですね

DSCN4165(117).jpg
再塗装を行い準備しておいたオルタネーターのガードを取り付けさせて頂きました

DSCN4165(118).jpg
DIYにてモーターサイクルを注入して作業完了です

I様と少し相談して5月6日にライセンス保持者のみが参加可能ですが
フリーで走りに行きたいね~って流れになりつつあるので、ご希望の
方がいればご連絡下さいね~(謎爆)

DSCN4165(121).jpg
本職デザイナーなキャブクーパーのK様から頂いたイタリア出張のお土産の
第1弾です☆
今回は一人でのイタリア出張だったそうで、何だかカッコイイですよね
とってもボーノなチョコレートでした

DSCN4165(119).jpg
お土産第2弾はイタリアと言えばミニ乗りならイノチェンって事で
イノチェンミニのモデルカーを2台も頂きました
ちゃんと左ハンドルでイノチェンバッチなども精巧に作られているミニカーですね~

DSCN4165(120).jpg
ヘッドライトのアウターリムなどもちゃんとイノチェンなのでビックリです☆
これは良い物を頂きましたね~♪

DSCN4165(123).jpg
そんなイタリア帰りのK様がご近所様から頂いたミニのステアリングを持って
ご来店です

DSCN4165(122).jpg
ほぼ未使用な感じの70‘sから80‘s頃のミニに装着されていたであろう
純正ステアリングだと思われますね
ミニバンなどでセンターにモチーフが装着されている同形状な物を見た事がありますので
その時代のサルーンやクラブマン系の物だと思いますが、触った質感的には1000の
HLの時代位が近そうな気がします

DSCN4165(113).jpg
5月5日の産業会館で開催されるクラシックカーミーティングに
出展予定のI様キャブクーパーがご来店です
今年は晴れの一日だと良いのですがね~

DSCN4165(131).jpg
初めてのご来店でオイル交換をさせて頂くタヒチミニです
県外からの転勤で福井に来られたそうなので、とりあえず目視
のみですが色々と点検させて頂きます

DSCN4165(132).jpg
この年式の平行輸入ミニは初めて見たので色々と正規物との違いも有り
興味深いですね~

DSCN4165(134).jpg
オーバーヒート気味で水廻りの修理を最近行われているそうですが、エンジンオイルは
同時に交換されていなかったそうなので危険な予感がします
オーバーヒートなどで高温になったエンジンではエンジンオイルも急激に劣化が進み
ますので修理時には出来るだけエンジンオイルも交換が望ましいのですがね~

DSCN4165(135).jpg
ちょっと最近は見かけない量の鉄粉ですね
ミッションやエンジンへのダメージが懸念されます

DSCN4165(136).jpg
かなりの高温になった証ですがオイルフィラーキャップが溶けて変形している
状態ですね
どの様な修理が行われているのかは分かりませんが…色々と今後の修理は
必要になりそうな気がしますね

DSCN4165(133).jpg
おそらくオーバーヒート時に付着したであろうサビサビ冷却水の噴出した
痕跡がミッションケースに大量に残っていますね

DSCN4165(137).jpg
DTMスタイルのワンオフらしき格好良いマフラーが装着されていましたが…
そろそろ交換時期でしょうね~

DSCN4165(138).jpg
オイル交換の他に追加でワイパー交換をオーダー頂きましたので作業中です

DSCN4165(139).jpg
左右とも新品に交換させて頂きました
色々と老朽化している箇所が多そうな感じなので、計画を立ててしっかりと
修理をしていく必要が有りそうですね
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード