FC2ブログ

本日の作業

DSCN5997(1).jpg
大まかな作業はほぼ終了のY様BRGミニのグリルです
高年式の純正グリルほど白濁して悲しい感じになってしまいますよね~
せっかくボディが綺麗になったのにココがダメだと見た目で損なので
おまけ作業で少し魔法を掛けておきますね☆

DSCN5997(3).jpg
今回の作業のGOサインを頂いた時に伺った新車購入時に装着したかった
パーツも装着していきますよ~

DSCN5997(2).jpg
新品では無いのですが程度良なヘッドライトのまつげですね☆

DSCN5997(6).jpg
最終的な各部点検作業中に不具合を発見で燃料タンクの脱着作業中です
この辺も中古部品なども使用しながらご予算内でですが、より良い状態まで
詰めて行きますね

DSCN5997(8).jpg
右サイドはボディ修理に合わせてプロがラインテープを貼り付けしているのですが
逆サイドの一部がテープ劣化が進んでいるので少し悩んで…

DSCN5997(9).jpg
元のテープの上からですが店主DIY(笑)にてライン再生作業です
本来の作業方法では無いので耐久性などは不明ですが、たぶんY様なら
喜んで頂けるのでは無いかと思いますので♪

DSCN5997(10).jpg
アンダーガードも取り付けして1ヶ月振りに自走可能な状態まで復元完了ですね
今の所は実験も兼ねて作業を行ったスラスト方向のクリアランス調整も良い方向で
機能しているみたいで滲みすらゼロですね~

DSCN5997(67).jpg
敷地内のみですが各部作動を確認しました
タイムラグもほぼゼロまで戻りましたので、あとは時間を掛けての試運転が
出来れば完成の予定ですかね~

DSCN5997(32).jpg
ようやく作業スペースまで移動出来た(笑)ジョンクーパーです

DSCN5997(30).jpg
段取り的には作業開始までもう暫くお時間を頂く事になるのですが…
軽くだけ点検中です
クーラーサーキット内に残圧が有る感じだったのでバルブ部分をチェックしたら…
何か分からないオレンジ色の泡が出て来ました?
漏れ点検などの目的で注入される蛍光剤では無さそうですし??


DSCN5997(33).jpg
低圧&高圧バルブが同じ様な箇所にあるミニは初めて見ましたが…
微妙に作業しにくいですよね~

DSCN5997(35).jpg
今回、当店での作業は初めてのミニですし過去のクーラー修理の経歴も
おおよそしか不明なので慎重に点検していきます

DSCN5997(34).jpg
おそらく昨年の夏くらいにガス補充などを行われているのかな?
低圧側に僅かですが残圧が残っている状態ですね~
とりあえず明日は定休日ですので、このまま接続して休み明けの状態を
確認する事から初めていきます

DSCN5997(36).jpg
冷却系統の修理が完了したT様白ミニの作業も再開します
新品の冷却水で新品ラジエーターが満たされていますね
この色目の状態を維持する事が非常に大事なので冷却水の定期的な交換が
鉄製エンジンのクラシックミニには大事なメンテナンスになりますね♪

DSCN5997(37).jpg
新品の日本製ラジエーターキャップを装着して水廻りの整備完了です

DSCN5997(38).jpg
ようやく次のステップに突入ですが…いきなりブーツひび割れで更に追加部品発生ですね
左右ともダメで2個追加(泣)

DSCN5997(40).jpg
足廻りのグリスアップ作業を行いながら、さらに各部点検を進めていきます

DSCN5997(45).jpg
…左右とも亀裂有りで
最近見つけた日本製高耐久品に交換が必要ですね
またもや追加部品発生です

DSCN5997(46).jpg
右フェンダーダクト内部に有る外気導入ダクトも外れた状態でプラプラですね

DSCN5997(47).jpg
ココは新車時の組み付け方法がガムテープ!って仕様なので(メーカー製作なのに)
キッチリ対策を施しながら修復作業を進めていきます
また追加ですけど…

DSCN5997(55).jpg
想定よりもボディの軽量化?も進んでいたので…

DSCN5997(54).jpg
何処かのタイミングでは鈑金修理によるキッチリとした修理を行って頂かないと…
ですが、放置しても更に悪くなるだけなので店主DIYにて軽補修を行います
もう少し症状が軽ければ見逃しも可能だったのですが…さすがにアウトレベルでしたので

DSCN5997(57).jpg
マスキングなどの道具がどんどんプロ用になっているので…
だんだんと何屋か分からなくなって来ている気がしますね

DSCN5997(58).jpg
お預かり時は締め過ぎの傾向が見られたホイールもスタッド洗浄後に
キッチリ規定トルクにて管理します

DSCN5997(59).jpg
ホーンが作動しない原因の調査中です
ホーン交換で暫くの間は鳴っていたのですが…調子の良い&悪いが有るみたいで
もう少し奥の方まで点検が必要になりますね

DSCN5997(62).jpg
ここ15年で3台目でしょうか?
エアバック付きミニのエアバックとホーンのローターリースイッチ不良が確定ですね

DSCN5997(64).jpg
ココまで分解してようやく脱着が可能なので意外と地味に大変な部分になりますね

DSCN5997(65).jpg
念の為にハンドル内部のプッシュボタンも点検しましたが問題無しですね

DSCN5997(63).jpg
この丸い部品だけで●万円もするので…
ホーン修理の金額としては洒落にならない事になってしまいます(号泣)

DSCN5997(66).jpg
タイヤ4本&スペアタイヤの空気圧調整作業中にウォッシャー液が少ない事を見つけたので
おまけで補充しておきました
ここまででようやく最低限必要な箇所の金額が出せそうなので、近日中に一度ご連絡をさせて頂きます
※やはりル●ントさんは最近1&3日曜日はお休み見たいなので先日は定休日に行かれてしまった
みたいですね

DSCN5997(60).jpg
ようやく入荷が遅れていた最終便が入荷しました☆

DSCN5997(61).jpg
お試しで取り寄せした日本未入荷だと思われる新型遊星ギヤ(笑)です
何処の部品か分かる人は少なさそうですがね☆

DSCN5997(14).jpg
残りのHPが一桁っぽい感じですが…
検証作業も進めないとなので、ようやく掘り出して(笑)来たコンプレッサーを
少し残業して分解&検証作業開始です

DSCN5997(24).jpg
このフェルトは外部からの埃などが進入するのを防止していそうな感じですね
押さえのカラーも圧入では無くカラーのテンションで軽く支えている気がします

DSCN5997(26).jpg
ココまで奥まった箇所になるスナップリングを外す工具は持っていないので…
ちょっと無い知恵を搾り出して取り外しです

DSCN5997(27).jpg
カラーの外側はリングゴムでキッチリシーリングされていますが、内径の方は
シャフトに対して甘い感じなので、コア内部のピストンユニット(名称知らないですが…)
のシャフト付け根に装着されているオイルシールが内側のシーリングを行っていそうですね~
さすがにココまで分解したのは某国産車を修理していた時代ぶりなので、色々と忘れていますね
まだ暫くは手が空きそうにないので…細かいデータ収集はもう少し先になりそうですね…
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード