FC2ブログ

本日の作業

DSCN6095(3).jpg
Y様BRGミニに装着されていたドアガラスのレールです
片側が外れていただけあってボロボロですね~

DSCN6095(1).jpg
ドア内部にもサビが溜まっていますので丸ごと洗浄してサビを追い出します

DSCN6095(30).jpg
ようやく完成したので洗車&撥水コーティングを行いガラス&タイヤもコーティング
を掛けて納車前の準備完了ですね

DSCN6095(31).jpg
T様白ミニも同様に撥水コーティングなどを行い納車準備まで完了!

DSCN6095(5).jpg
お預かり中のジョンクーパーですが…
動かしていない状態でもコレだけ冷却水が漏れ出して来ますね~

DSCN6095(7).jpg
中古クーラーを他店様にて装着&その後作動不良にって流れらしいので
ディーラーなどで新車時に装着されたクーラーとは若干違う感じでの組み付けが
されていますね
レシーバーを確認の為に外したのですが…底面に傷が有り??

DSCN6095(6).jpg
ちょっと残念な取り付け位置だったみたいでブレーキパイプと干渉して
パイプにも傷が見られますね~
大事に至る前に発見できて良かったですが…

DSCN6095(8).jpg
上記の件が有ったので…少なくともエンジンルーム内に有るクーラー系統は
全て外して点検していく必要が有りそうですね

DSCN6095(12).jpg
オルタネーターもコンプレッサー脱着に伴い取り外しです

DSCN6095(11).jpg
新車から装着されているタイプの45Aの発電量タイプですね
出来れば55A~70A程はクーラーの安定した作動などにとっても必要なので
この劣化していそうなオルタも後ほど出力の点検が必要になりそうです

DSCN6095(10).jpg
コンデンサーやレシーバーを外して各部点検中です

DSCN6095(14).jpg
冷却系統もアチコチ漏れの形跡が有るのでクーラーを使用するようなら
全て改善が必要になりそうですね
ロゴなしの弱いタイプの旧型ヒーターバルブが装着されていたので…
現在このタイプも高年式物も良品が入手不可になっていますので
真夏にクーラー全開を目指すには何か方法を考えないとですね

DSCN6095(16).jpg
ウォーターポンプも寿命です

DSCN6095(20).jpg
ラジエーターキャップも内部ゴムに亀裂が複数有り要交換

DSCN6095(17).jpg
ラジエーター及びアッパーホース部からの漏れ

DSCN6095(15).jpg
異径サイズを繋ぐのに入れたと思われますが…
97y純正の中古品だと思われるプラ製ジョイント…良く割れる部品なので
どうせなら耐久性の高い物に入れ替えしたい所ですね
今は全体的に加圧されない微妙なバランスの状態ですが、一部でも新品に交換すると
全ての不良箇所から漏れが過大すると思われますね

DSCN6095(18).jpg
ロワーホースの接続場所が違いますが…
何か理由が有っての事かも知れないので分かりませんが

DSCN6095(21).jpg
謎のオレンジ色の液体ですが
コンプレッサーのオイルを抜いたら出てきたので、おそらく劣化したオイルと
漏れ確認用の蛍光剤が混ざって出来た液体でしょうかね~
通常のオイルは透明ですし蛍光剤は黄色っぽい感じが普通ですが

DSCN6095(24).jpg
このミニのクーラーが作動していた時を知らないので、手間ですが
クーラー配管などの修繕&組み付け不良箇所だと思われる部分を手直しして
一度仮でクーラーユニットを組み付けです
ちなみにミニ用のコンプレッサーのこのタイプも僅かながら仕様変更が数回は
当時から行われているのですが、このコンプレッサーは初期物みたいですね

DSCN6095(23).jpg
コンプレッサーを仮装着して一部配管の取り回しを変更して必要と思われる
部分を改良後に一度真空状態での漏れ具合の確認作業を行います

DSCN6095(26).jpg
アチコチ緩んでいたりだったのでボルトやナットも新品に交換しながら
キッチリ装着していきます

DSCN6095(28).jpg
部品が一部装着されていませんでしたが…
何か対策を考えるにしても、とりあえず現状で可能な限りしっかりと組み付けしてからですね

DSCN6095(29).jpg
2回に分けて脱着を繰り返し真空状態での漏れ具合のテストを行いましたが
今の所はクーラー停止状態でのガス漏れは修理出来たみたいですね
ただし、老舗の専門ショップさんで原因不明だったらしいので…
こんなりアッサリ原因判明とは思えないので、何か罠があるんでしょうね?

DSCN6095(32).jpg
とりあえず全てのパーツを戻してクーラー電源系統の点検を引き続き行う為に
オルタネーターなどの戻し作業です

DSCN6095(33).jpg
オルタのねじ山も使用されていたボルトの状態も微妙でしたので…
タップ&ダイスにて修復してから組み付けですね

DSCN6095(35).jpg
色々と劣化している部品が多そうなのでこの状態でクーラーを直す事が
可能であっても他にトラブルが出る可能性大ですが…
低予算にて直せる可能性が有るかの判断を行う為には、2度手間・3度手間になっても
少しづつ進めるしか方法が無いので
とりあえずこのまま一晩放置して最終的な判断を行ってからコンプレッサーの
リペアなどを行うか判断ですね
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード