FC2ブログ

本日の作業

DSCN0265(1).jpg
オーバーヒート症状が出たミニのラジエーターの単体点検を行う為に
倉庫から探し出したロングホースを使用して加圧テスト中です
何とか再使用可能な感じですね♪

DSCN0265(6).jpg
オーナー様が購入した時から点灯していないらしいATのシフトゲートの
球切れも修理します
エンジンが掛かっている間は常に点灯しなければダメな部分ですので
正常な状態に復元ですね

DSCN0265(7).jpg
普通の電球が標準装備なんですが、ほぼ100%の確立で周辺が溶けていたり
焼けていたりですのでLEDバルブに交換させて頂き周辺部品が損傷しないように
修理していきます

DSCN0170(45).jpg
上記の箇所まででお預かり後の点検で判明した箇所のお見積りが完成したので
オーナー様にご連絡させて頂きGOサインを頂きました
ご予算的には見送りですが、他に不具合が出る可能性が有るレベルですので
フロントだけでも中古良品にて対応させて頂きます
予測よりも不具合が多く対応する必要がありましたので、この辺はサービスさせて
頂きますね♪

DSCN0265(2).jpg
エンジンのタペットクリアランスもガタ大ですので全数調整を行い
本来のエンジン性能を引き出します

DSCN0265(3).jpg
マニホールド類のナットも緩んでいましたので増し締めを行いました
ステディロッドブッシュが劣化していた事が緩みを誘発した感じですね

DSCN0265(5).jpg
コルクガスケットと丸ゴムを交換し化粧直し塗装を行ったロッカーカバーを
装着していきます

DSCN0265(8).jpg
電動ファンの作動具合が怪しいのでリレーから電源を分岐して社外コントローラー
にて確実で正確な作動を設定可能なように仕様変更を行います

DSCN0265(9).jpg
専用ステーなども販売されていますが、今回はご予算の都合も有りますので
サービスでアルミ板からステーを製作ですね

DSCN0265(11).jpg
ちょうど目線を落とした先にメーターが来るように斜めに設置可能なステーを
ワンオフで製作しました
両面テープとタイラップの2重固定方法により安全に使用出来るように加工中です

DSCN0265(14).jpg
劣化により変形していたオイルフィルターケースを日本製に交換して
オイルエレメント部からのオイル漏れ修理です

DSCN0265(15).jpg
良質なオーリングが付属しているオイルエレメントを組み込んで
修理完了ですね

DSCN0265(17).jpg
洗浄を行って乾かしていたラジエーターのリザーブタンクを取り付けします

DSCN0265(18).jpg
取り付け前に必要な分の新品冷却水を補充していきます
綺麗にしたので中身がちゃんと見えますね♪

DSCN0265(20).jpg
オーバーヒート症状でダメになっていたサーモスタット周辺も新品部品にて
組上げです

DSCN0265(27).jpg
ココのカプラーも緩い状態でしたので作り直しですね

DSCN0265(28).jpg
ロック付き端子にて修復作業完了です

DSCN0265(16).jpg
本当はマルッと交換したい所ですが、とりあえず最低限の修理でディストリビューターの
ローターを交換させて頂きます

DSCN0265(29).jpg
端子の緩んでいたプラグは増し締めで対応させて頂きプラグコードはさすがに
新品に交換させて頂きました

DSCN0265(25).jpg
AT車ですのでブレーキだけは高級タイプでの交換をさせて頂きます
MTと違い減速は基本的にブレーキだけに頼りますので重要な箇所ですね

DSCN0265(26).jpg
日本製のブレーキパットで鳴き止めプレートが装着されているパーツを装着します
AT車はブレーキ鳴きが出やすいのでプレート装着が可能なのは有効な手段になりますね

DSCN0265(24).jpg
裂けていたラジエーターホース類を一新させて頂き老朽化していたヒーターバルブも
良質な日本製に交換です
バルブ本体がスムーズに作動する日本製になる事でヒーターケーブルの動きも
軽くなりますよ☆

DSCN0265(33).jpg
高精度水温センサーを取り付けする為に水温センサーアダプターにセンサーを
取り付けしていきます

DSCN0265(34).jpg
純正のラジエーター下部からサーモスタット付近にセンサーが移動する事に
なりますので安定した水温管理が可能になります

DSCN0265(35).jpg
ようやく水廻りの整備が完了ですね

DSCN0265(38).jpg
エンジン冷却水を注入する前に空気を圧縮しての漏れ修理が完了したかのテスト中です

DSCN0265(39).jpg
エンジンオイルも注入して行きますが、気温が低すぎて少しづつしか入って
行きませんね~

DSCN0265(40).jpg
エンジン冷却水を注入して、久しぶりのエンジン始動準備中です

DSCN0265(31).jpg
電動ファンを確実にコントロールするファンコントロールゲージも
ハーネスを綺麗にまとめ直して設置です
念の為にメイン系統のハーネスにはヒューズも追加しておきますね

DSCN0265(41).jpg
エンジンを始動させて各部の点検を行いながら冷却水のエアー抜き作業です

DSCN0265(43).jpg
正確なエンジンの水温が表示されます
また、今回はご予算の都合も有り接続していませんがオイルの温度も追加で
表示させる事が可能になります

DSCN0265(46).jpg
バッテリー電圧も表示可能なのでバッテリーの劣化なども分かって便利ですよ♪

DSCN0265(47).jpg
色々と整備&調整を行った結果を測定していきます

DSCN0265(48).jpg
非常に優秀な数値が出るようになりましたね☆
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード