FC2ブログ

本日の作業

DSCN0506(14).jpg
石川県からご来店のN様イノチェン仕様ミニです

DSCN0506(15).jpg
右フロントタイヤ付近に何か茶色な液体漏れとの事でご来店です
下廻りを点検してサビた液体の乾燥した痕跡を発見しましたが、この車両からの
漏れでは無い感じですね~

DSCN0506(13).jpg
お聞きした症状とご自宅の駐車場での写メを拝見させて頂きクラッチ側のラージシール
からのオイル漏れが原因な事が判明です
漏れ量が少ないので少し様子を見ながら今後の修理予定を立てて頂く事に

DSCN0386(103).jpg
納車整備中のブルックランズグリーンミニの整備続きです
ビビリ音が酷いコラムカバーを交換して異音を消していきます

DSCN0386(104).jpg
ルームミラーも純正からメッキタイプに移植交換ですね

DSCN0386(105).jpg
ミラーを外したついでに内部ガラスを先に洗浄しておきますね♪

DSCN0386(108).jpg
メッキルームミラーの移植完了です
マップランプをどうするかはオーナー様と要相談ですね~

DSCN0386(110).jpg
ダミーで装着してあった純正カセットデッキも取り外してCDデッキを移動です

DSCN0386(109).jpg
電動ファンコントロールゲージもオーディオに挟んであっただけでしたので、純正の
灰皿部分に移動させてしっかりと固定します

DSCN0386(112).jpg
ファンゲージ専用ステーとオーディオ固定専用枠を使用して移動完了ですね☆

DSCN0386(113).jpg
コラム横はETCだけ装着でスッキリさせました☆♪

DSCN0386(115).jpg
ワンタッチグリルボタンも旧タイプの肉厚なタイプでしたので、オーナー様の手持ち
グリルが装着可能なように変更します

DSCN0386(116).jpg
左右とも新品ボルトで小径タイプに変更

DSCN0386(117).jpg
希少なタイプのグリルボタンの移植完了です

DSCN0386(119).jpg
ブレードヒューズ車は完全対応させて有りましたが、元々が缶ヒューズのミニでの
ACスイッチ完全連動回路に一部オートでのECUリンクが無い事が最近判明していました
ので回路図を引き直して連動を可能にさせていきます

DSCN0386(120).jpg
何パターンか試作を行い、一番簡単な回路でマイナス側をコントロールに割り込みして
無事にオートでの連動が可能になりました
これで黒白のI様ミニを改良すれば全車フルオートでの回路完成ですね♪

DSCN0506(29).jpg
T様白ミニのサビ修理の続きです
今日はオーナー様自らコーキング剥がしでご来店です♪

DSCN0506(33).jpg
コーキングもほぼ剥がして頂けましたのでサビの進行具合を更にチェックしていきます
予想よりもサビの根が深そうなのでケレンして板厚を見ていきます

DSCN0506(46).jpg
やはり予想よりも深いみたいで裏側まで進行していました

DSCN0506(47).jpg
予定よりも大きく切り取る必要がありそうですね~

DSCN0506(34).jpg
ガラス類の収納スペースを確保してクォーターなどのガラス類を外していきます

DSCN0506(35).jpg
雨漏れ症状は見られない所でしたがサビ発見です

DSCN0506(36).jpg
運転席側のドアは新品に交換済みなので綺麗ですね

DSCN0506(37).jpg
ドアの付随パーツを全て取り外しました

DSCN0506(42).jpg
一度交換していますのでドアガラスのレールも大丈夫ですね

DSCN0506(38).jpg
初めて分解する助手席側はボルト類もサビで肉痩せしていたりで危険な感じ

DSCN0506(39).jpg
ガラスの上下具合が重かったので予想はしていましたがレールはサビサビですね

DSCN0506(43).jpg
レールがサビで変形していた為に難儀しましたがドアガラス取り外し完了です
こっち側は要レール交換ですね

DSCN0506(40).jpg
ドア自体は綺麗な感じですがサビたレールからこぼれ落ちたサビが結構蓄積されています
せっかくドアが大丈夫でも、このサビがサビを誘発しますので良いタイミングでの作業でしたね

DSCN0506(41).jpg
運転席側にはサビの破片は無しですが薄っすらとサビが見えますので要対策ですね

DSCN0506(48).jpg
クラッシュパット部のサビ具合を見た事でフロアが気になったので予定外ですが
メーター下周辺も分解していきます

DSCN0506(49).jpg
ロワーシェルフパット取り外しとヒーター&クーラーユニットを動かしフロアとメーター裏の
断熱&防音材を取り外します

DSCN0506(51).jpg
マットを切らずに外すのでクーラー側が非常に大変ですね~

DSCN0506(50).jpg
サブフレームとの接続部分付近にサビを発見です
色々と出て来ましたので、もう少し色々と分解&点検する必要がありますね~

DSCN0506(1).jpg
U様ピンクミニの異音修理開始です

DSCN0506(2).jpg
クーラーコンプレッサー付近からの異音ですが、オイルクーラー装着車で
スペースが少ない為に先にオイルクーラーを移動する必要がありますね

DSCN0506(3).jpg
何となく気になりラジエーターキャップを開けて点検した所ですが
冷却水が少し足りない状態です
今は漏れていない感じですが微妙な感じですね

DSCN0506(5).jpg
オイルクーラーを移動させてコンプレッサーの点検です

DSCN0506(6).jpg
安く点検を行う為に最小限の分解でのチャレンジ(笑)ですね

DSCN0506(7).jpg
普通はコンプレッサーを単体にして行う作業ですが…
何とか車載のままでマグネットクラッチを分解していきます

DSCN0506(8).jpg
プーリー部分の痛み具合が激しいですね

DSCN0506(10).jpg
ギリギリでしたがプーリーの取り外しが車載のままで成功しました

DSCN0506(9).jpg
ゴミや埃が蓄積されていますね~

DSCN0506(11).jpg
ベルトの掛かる部分もサビが酷くベルトの耐久性がかなり悪くなる状態です

DSCN0506(12).jpg
コンプレッサーベアリングは交換しますので取り外しです

DSCN0506(16).jpg
新品のコンプレッサープーリー用のベアリングとベルトテンショナー用の
新品ベアリングです

DSCN0506(17).jpg
プーリーは部品が出ないので研磨を行い再使用する為に表面保護の為に
黒染め中

DSCN0506(18).jpg
これでVベルトの磨耗も少なくなりますね♪

DSCN0506(20).jpg
オーバーホールを行ったプーリーを装着して元の状態に戻していきます

DSCN0506(24).jpg
点検を行う為にオイルクーラーをずらしたままでエンジン始動ですね

DSCN0506(25).jpg
無負荷時の作動音は正常になりましたがクーラーが入らないので更に点検して
いきます

DSCN0506(22).jpg
サーモアンプ不良が判明したので交換してクーラー関連の作動チェックです

DSCN0506(23).jpg
久しぶりのクーラー作動だと思われるので、最初は電動ファンなどの作動も?
な感じでしたが、数分で正常な状態まで復活しましたね

DSCN0506(27).jpg
ベルトの異常な磨耗も無くなるようにプーリーの修正も行いましたので
ファンベルト&オルタネーターベルトも新品に交換です

DSCN0506(28).jpg
クーラー関連の修理は完了ですね
ただし他にも怪しい箇所があるので…もう一度同じような箇所の分解点検が必要かもですね
とりあえずお見積りをしてオーナー様にご相談します

DSCN0506(30).jpg
作業中に運転席のドアハンドルが以上に硬い事が気になったので少し点検です

DSCN0506(31).jpg
キャッチ部分を浮かせて中身の確認と給油を行いました

DSCN0506(32).jpg
ロック解除の押しボタンが通常の約半分しか出て来ていないのでドアハンドル破損が
原因だと思いますが、ご予算もありますので応急処置を行い動きが軽くなった所までで
終了ですね
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード