FC2ブログ

本日の作業

DSCN1967(54).jpg
今日も早めに出勤してM様赤白ミニのクーラー配管を手直ししてから真空テスト開始です

DSCN1967(55).jpg
オイル漏れ修理中の白ミニに塗装していたフォグランプのブラケットを組み付け中

DSCN1967(56).jpg
何とかバンパー・オーバーライダー・フォグの3点を干渉無く設置出来ましたね♪

DSCN1967(57).jpg
開店時間前にメーカー直送をお願いしていた新品ラジエーターが到着してくれたので
代車の整備も再開です

DSCN1967(58).jpg
ミニ純正の約半分の厚みで表面積は約1.5倍位ですかね~

DSCN1967(59).jpg
バッテリーなど邪魔になりそうな部品を外してラジエーターの取り外しです

DSCN1967(61).jpg
各ホース類も老朽化していますので慎重に余計な負荷を掛けないように作業中(笑)

DSCN1967(60).jpg
電動ファンやオートマのオイルクーラーパイプなど装着したままラジエーターを外しました

DSCN1967(63).jpg
AT車なのでラジエーターロワータンクにオートマフルードの温度管理用のパイプが
入る分MT用より高いんですよね~
クラミニも可能ならAT車は油温が厳しいので、こんな機能付きにしたい所ですね

DSCN1967(64).jpg
サクッとラジエーターを交換して新品の冷却水注入です
本来は加圧テストも必須ですが…トドメを刺す事になりかねないので省略です(笑)

DSCN1967(66).jpg
ようやく真空テストも満足が行くレベルでクリアしたのでM様赤白ミニにクーラーガスを
注入していきます

DSCN1967(65).jpg
湯煎して缶を軽く暖めながらチャージ中

DSCN1967(67).jpg
オイル漏れ修理中の白ミニに装着するガソリンキャップの内部シールを日本製新品に
交換していきます

DSCN1967(68).jpg
機能的に問題が無い状態でも昔はゴムが劣化した時点で交換でしたが、今はゴム単品が
供給されていますので長く使用出来るようになりましたね~

DSCN1967(69).jpg
ようやくエンジンルームの作業の終わりが見えて来ましたのでボンネットを装着していきます

DSCN1967(70).jpg
ボンネット裏の一部に防音材が入っているので室内に入る騒音も低くなりますね

DSCN1967(71).jpg
グリルとボンネットが装着されたのでミニらしくなって来ました♪

DSCN1967(72).jpg
電動ファンの作動が確認出来ましたので代車のエンジンを切り強制冷却開始です

DSCN1967(73).jpg
ガラスに貼られていたステッカーを撤去していきます

DSCN1967(74).jpg
リヤ3面とも剥がし作業ですね

DSCN1967(75).jpg
ガラス面はカッターなどが使用出来るので作業的には楽ですが、ボディだとかなり苦労する
作業になりますね

DSCN1967(76).jpg
シンプルな状態になりました

DSCN1967(80).jpg
ボディもココだけこの先の仕様変更に干渉する気がしますので、手作業で時間を掛けて
剥がし作業を行います

DSCN1967(81).jpg
代車のラジエーター交換作業が完了ですね
あとは時間を作って試運転が出来ると良いのですが…

DSCN1967(82).jpg
オイル漏れ修理中の白ミニに装着するホイールが決まりましたので洗浄作業を
行います

DSCN1967(83).jpg
今までは雨天未使用だったのでOKでしたが、この先は変わりますのでセッティングを
変更して安定性重視にしていきます

DSCN1967(84).jpg
ボルト類も取り寄せした新品インチボルトで強度アップですね☆

DSCN1967(104).jpg
凍結した路面などでも対応出来るように仕様変更完了です

DSCN1967(105).jpg
赤白ミニのE様から頂いた差し入れです♪
あまり残された時間は有りませんが、チャンスが来てくれたらご連絡させて頂きますね

DSCN1967(85).jpg
走行中にアフターファイヤー現象が発生する時が有るとの事でご来店のT様タヒチミニです

DSCN1967(86).jpg
音は確認が出来なかったのですが、問診の結果から推測していく事にします
とりあえず触媒の温度は今は正常な模様ですね

DSCN1967(87).jpg
出る時と出ない時が有るらしいので電気系統ですかね~
プラグの焼け具合点検とプラグコードの抵抗値など基本的な部分からチェックしていきます

DSCN1967(88).jpg
バキューム値は正常でしたが、念の為にフューエルトラップ内部も点検ですね

DSCN1967(91).jpg
同時点火の年式ですのでECUカプラーも2個ともチェックしていきます
ATだとエンジンの揺れ具合で連動する不具合がまれにありますので慎重にハーネス類を
点検します

DSCN1967(93).jpg
特に問題箇所が見つからずエンジンの調子も良いままでしたので、テスターを繋いだまま
アイドリングをさせていたら!
突然異音が発生したので急いで各部を見ていきます
燃料が突然10%前後増量され電子音が響いてきました?

DSCN1967(94).jpg
何回かの異音発生でようやく排気ガスの濃度センサー用リレーから異音が出ている事を
突き止めました

DSCN1967(95).jpg
センサー本体の不良は多いですがリレー故障は珍しい気がしますね
このミニは2000yの最終モデルなので安心していましたが、最終モデルでも16年経過なので
仕方が無い事でしょうが…

DSCN1967(101).jpg
とりあえずリレー交換を行いインジェクターの噴射率が正常方向に戻って来た事を
確認しましたので、これでしばらく様子を見て頂く事に
今のところはセンサー自体は動いていますので、帰り道で触媒内部にここ数日で
蓄積されたであろう煤をぶん回して取り除いて頂ければ更に調子が上がると思われますね♪

DSCN1967(102).jpg
前回のトライアル(笑)にて脱着作業を行ったキャブレターのチョークの効き方が
変わったとの事でご来店のK様キャブミニです

DSCN1967(103).jpg
チョーク部分は触らないで脱着したのですが、他が色々と強化された影響でしょうかね~
チョーク部分の再セットアップを行い様子を見て頂く事に
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード