FC2ブログ

本日の作業

DSCN3046(25).jpg
早起きしてカントリーマンの暖気中です

DSCN3046(26).jpg
各部測定を行い試運転の準備中

DSCN3046(27).jpg
ようやく普通に走れるレベルまで復活しましたね~♪

DSCN3046(30).jpg
本当はラジエーター交換を行いたいのですが…
エンジン強制冷却して

DSCN3046(31).jpg
せめてラジエーターキャップだけでも本物に交換させて頂きました
店主&オーナー様で試運転を行いOKでしたので納車だったんですが…

DSCN3046(43).jpg
県境辺りでエンジンストップとの事でロードサービスにてドナドナです

DSCN3046(45).jpg
オーナー様への問診ではバッテリーとの事でしたのでオルタネーターのチェックから
開始です

DSCN3046(47).jpg
プラグが今朝の試運転の時と違い1・2番と3・4番に違いが有り…

DSCN3046(54).jpg
とりあえずオーナー様のご希望も有りバッテリーチャージです

DSCN3046(55).jpg
バッテリーチャージを行っている間にフロート室のニードルバルブを交換して
キャブレターの再セットアップを行い完成のはずでしたが…
またもや同じ距離&時間を走行した所でエンジンストールとの事で、電話での
現状確認を詳しく行い燃料がエンジンルームまで到達していない?との事で
応急処置の方法をご連絡させて頂き再度ご来店をお願いしました

DSCN3046(32).jpg
内張りの仕上げを施行でご来店のI様黒白ミニです
前回よりも更にクォリティーを上げるべく改良を行われるみたいです

DSCN3046(33).jpg
レモンイエローの中古内装もDIYでブラック化されていますね♪

DSCN3046(34).jpg
ステアリングもお試しでウッド化されていたみたいですが…

DSCN3046(36).jpg
やっぱりモトリタかなって事で変更させて頂きました☆

DSCN3046(38).jpg
可動部分もフルフィルム化で腕がレベルアップ中ですかね~

DSCN3046(40).jpg
今週も彼女さんお手伝いの元で修行中?
そろそろ彼女さんにもアルバイト代を(笑)

DSCN3046(41).jpg
最終調整中

DSCN3046(42).jpg
そこへ真の黒白オーナーであるお父様がクラシックな佇まいのバイクでご来店です☆

DSCN3046(48).jpg
新オーナー様からオーダーを頂いたシフトノブを旧オーナーが交換作業です?

DSCN3046(51).jpg
ジュラコンブラックの超軽量シフトノブにチェンジ完了ですね
リバース用のツバ付きシフトノブなのでバックも楽チンです

DSCN3046(37).jpg
運転席のドアが突然内側から開かなくなり、プチ軟禁状態に陥ったM様赤白ミニが
ご来店です

DSCN3046(39).jpg
初めてですがドアロック部分とレバーを繋ぐEリングが吹っ飛んでしまった事により
窓を開けないと脱出不可能(笑)状態になっていた模様ですね
さすがに新品部品が手持ちで無かったので中古Eリングで様子を見て頂く事に

DSCN3046(56).jpg
気になる異音が有るとの事でご来店のS様アーモンドグリーンミニです

DSCN3046(57).jpg
助手席に同乗しての調査ではインジェクター作動音っぽい感じでしたが…
なんとも言えないレベルでしたので難しい所ですかね~
以前から超怪しい感じがしている溶けているメインリレーもテスト用の物に入れ替え
して見ましたが、リレーの誤作動音では無いみたいですし…
もう少し様子を見て頂くしかないかもですね~

DSCN3046(59).jpg
M様キャブクーパーお預かりですが、思っていたよりも室内ヒーターからの
冷却水漏れ出し量が多そうなので先に作業を行います

DSCN3046(61).jpg
エンジン冷却水を抜いて水路洗浄中

DSCN3046(62).jpg
ヒーターコアを外す前に室内のカーペットなどを外していきます

DSCN3046(63).jpg
ヒーターユニットを分解中

DSCN3046(64).jpg
ヒーターユニット丸ごと取り外し完了です

DSCN3046(67).jpg
新車からと思われるヒーターコアですね
コア本体から冷却水が漏れていました

DSCN3046(68).jpg
ヒーター内部のスポンジも剥がれ落ちて来ています

DSCN3046(69).jpg
ヒーターモーターも取り外して点検を行います

DSCN3046(70).jpg
以前、ヒーター作動中に煙が出てモーター丸焦げなミニを見た事があったのですが…
剥がれ落ちたスポンジがむき出しのブラシに巻きついている模様で、こんな事が原因
だったのかもと思わせる状態でした
今回の車両では問題は出ていませんでしたが、純正のむき出しモーターだと注意が必要な
案件かもですね~

DSCN3046(71).jpg
20数年経過しているヒーターの初洗浄かもですね(笑)
むっちゃキレイな空気になりそうですよね

DSCN3046(74).jpg
一晩寝かせて乾燥させます

DSCN3046(76).jpg
本日、3度目のご来店
かなり古い車両な事も有り何処かが劇的に良くなると他の箇所の不具合が連発して修理を
行うと他が出る負のスパイラル(旧車アルアル)に陥っていますが…
夜7時前後に戻って来られたカントリーマンのタンク側燃料フィルターです

DSCN3046(75).jpg
穴がサビで塞がっていました(泣)

DSCN3046(78).jpg
燃料タンクが変形していたので怪しいですねって言っていたのですが、内部の状況はアウトな
気がしますね
新品フィルター装着しましたが、一瞬でサビが蓄積されています(泣)
以前、キャブクーパーでも有りましたが、連続した走行で燃料タンク内部のサビが集まってしまい
燃料供給が止まってしまう状況になってのエンジンストールが考えられますね
シングルキャブからツインに変更した事やエンジンルームのフィルターを変えた事なども影響して
いそうです


↑↑↑
上記の緊急対応が必要になったのでお電話が途中になりすみませんでした
あまり時間が無かったので少しだけですがストック品の画像を取りましたのでご確認下さい
DSCN3046(80).jpg
バンプラF様、ミニの89y~92y辺りの年式でよく使用されていたコンプレッサーブラケット&
テンショナー部分です
A+用なので装着されている部品とは違うかもですが

DSCN3046(81).jpg
R12用のコンプレッサーです
チャージバルブがホース部分に装着なタイプです

DSCN3046(82).jpg
シール部分の品番

DSCN3046(84).jpg
ほぼ同年代のキャブ車に装着されていたコンプレッサーですがチャージバルブは別配管部分に
有るタイプです
黒いシール部分の品番も上記とは少し違いますね
この辺の年代はロット毎で仕様変更があった?のか、結構違うタイプが混在しているのでリヤキャップに
バルブ付きも見た事がある気はしますね~

DSCN3046(86).jpg
室内吊り下げユニットの接続部分です
ココはオーリングですがジョイントが装着されて何故か数センチ先でホースバンドでの固定になるのが
ミニでは普通の組まれ方だと思われます

DSCN3046(87).jpg
リベット式プーリーの破損はこんな感じです
クーラーの負荷に耐えられないのか、経年劣化なのかは不明ですが…
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード