FC2ブログ

本日の作業

DSCN6657(60).jpg
他のエンジンからエンジンヘッドを抜き取りですね
ハイリフトのフルベアリング式ローラーロッカー装着ですね~
ヘッドボルトもARP製なので安心です☆

DSCN6657(62).jpg
表面の塗装は痛んでいますが走行距離は短めでオイル交換などを確実に行っていたヘッド
なので手間は少ないと思い清掃開始です

DSCN6657(61).jpg
カーボンヘッドガスケットでしたので少しだけ清掃が面倒ですが、このガスケットで
抜けたミニって見た事ないかもな高性能ヘッドガスケットですね

DSCN6657(63).jpg
古い塗装を落としていきます

DSCN6657(64).jpg
サーモスタット部分のねじ山も清掃しながら不具合が無いか確認ですね

DSCN6657(66).jpg
マニホールドスタッド部分も同様に

DSCN6657(67).jpg
燃焼室を磨きながら清掃を行いクリーナーにて油分を除去ですね

DSCN6657(68).jpg
高圧洗浄にてゴミなども吹き飛ばしていきます

DSCN6657(69).jpg
とりあえず作業が可能な位にはきれいになったので分解作業を開始します

DSCN6657(71).jpg
ステムシールも純正品でしたが、まだ柔らかさが残っているレベルですね

DSCN6657(72).jpg
バルブやスプリングを全て取り外し

DSCN6657(73).jpg
2&3番のインテークバルブの傘部分が少し蓄積物が多めですね

DSCN6657(74).jpg
今回は普通のリビルト作業の予定なので普通にメンテナンスですね

DSCN6657(75).jpg
耐久性重視でインテークは3段カットを行いエキゾーストは2段に留めました

DSCN6657(78).jpg
作業自体はバルブシートカットですが、なるべく軽い作業までにして表面を整えるレベルにて
終了です
このやり方なら、また修正がノーマルバルブでも行えるの可能性が増えるので経済的ですね…

DSCN6657(80).jpg
エキゾーストバルブの当たり面が少し荒れていたのでバルブもフェイスカットを行っていきます

DSCN6657(81).jpg
カット直後なので当たり面がキラキラしていますが、この後の摺り合わせ作業にて曇りガラスみたいな
表面にしていきます

DSCN6657(82).jpg
タコ棒にて8本とも摺り合わせ作業中です
作業完了後にエンジンヘッドとバルブ類をもう一度全て洗浄を行いエアブローにてごみ等を
飛ばして組み立て準備完了ですね

DSCN6657(88).jpg
純正品の中で高品質(高価ですが)な方のステムシールにて組み付けです

DSCN6657(89).jpg
オイルを注しながら新品のバルブステムシールを装着していきます

DSCN6657(90).jpg
ヘッドリペア作業が完了したのでサビ止めも兼ねて塗装を行う為の脱脂作業です

DSCN6657(92).jpg
以前作りすぎたエンジン専用塗料のブルーが余っていたので今回はブルメタで塗装中

DSCN6657(94).jpg
とりあえず全体に塗料を塗り終えました
もう一度上塗りを乾燥後に行えばエンジンヘッドのプチオーバーホール作業が完成ですね
普通に簡単なリペアをしただけですが、意外と手間が掛かりましたね~(笑)
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード