FC2ブログ

本日の作業

DSCN9655(1).jpg
走行中のフィーリングがふわふわするかもとの事でご来店のT様タヒチミニです

DSCN9655(2).jpg
足廻りの点検など各部見させて頂き同乗での試運転も行いましたが特に
悪そうな箇所は見つからず…
タイヤ空気圧なども下がっていましたので規定の圧まで補充して様子を見て頂く事に

DSCN9533(87).jpg
カントリーマン用に製作中のエンジンヘッド作業続きです
バルブシートをカット中

DSCN9533(88).jpg
耐久性重視なので1段カットプラスチョイ位で仕上げていきます

DSCN9533(89).jpg
バルブの当たり面のフェイスカットも8本施行

DSCN9533(90).jpg
全数バルブコンパウンドを使用して摺り合わせ作業

DSCN9533(93).jpg
摺り合わせに使用したコンパウンドを除去する為に洗浄です

DSCN9533(103).jpg
元々はバルブステムシールが無い時代のヘッドでしたが、今回移植する予定の
ヘッドはステムシールが装着可能なのでインテークとエキゾーストで少し種類を
変更して新品シールの組み付け

DSCN9533(104).jpg
バルブスプリングをセットしてエンジンヘッドのプチオーバーホール完了ですね♪

DSCN9655(4).jpg
元のエンジンヘッドも貴重な当時物ではあるので、大事に保管して
予算が有る時にでも復活させて頂きたい感じですね

DSCN9655(3).jpg
当時物ヘッドから再使用する予定のボルトやナットを外してタップ&ダイスにて
修正しながら清掃です

DSCN9655(6).jpg
オーバーヒートが主原因なのでサーモスタットは新品に交換します

DSCN9655(7).jpg
ヒーターバルブは当時物の方が物が良いので再使用ですね

DSCN9655(10).jpg
ヘッド搭載準備完了でヘッドは今日はココまで

DSCN9655(9).jpg
燃料タンクを新品に交換済みなのでキャブレターのフロート室の汚れも酷くは
無いですね

DSCN9655(8).jpg
僅かに付着していたサビを除去していきます

DSCN9655(14).jpg
今回の修理の条件(笑)で正確な水温を見れるようにするついでに
油温も見れるようにしていきます

DSCN9655(15).jpg
オイルエレメント部にアダプターを装着し油温センサーを設置

DSCN9655(18).jpg
配線の長さが少し足りなかったのでファンゲージに付属するカプラーを同じ物を
用意して延長ハーネスを製作

DSCN9655(19).jpg
エンジンルームを迂回した状態でも繋げられましたね☆

DSCN9655(16).jpg
エンジンヘッドにもサーモスタット直下に水温センサーを設置

DSCN9655(17).jpg
タペットカバーのコルクガスケットも新品に交換するので重石で圧着中です
後はガスケット類が入荷したら作業再開ですね
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード