FC2ブログ

本日の作業

DSCN9655(38).jpg
カントリーマンのエアー抜き作業のついでに純正水温センサーとPIVOT製温度センサーと
普通の温度計をファンゲージの温度と比較しながら誤差がどの位出ているか測定です
以前にも同様のテストは行っていますが、時々確認をする事で商品のクォリティの確認ですね

DSCN9655(41).jpg
エアー抜き作業も完了したので新しくなったエンジンヘッドにより圧縮が復活したのか
確認です
4番11.2㌔

DSCN9655(44).jpg
3番11.1㌔

DSCN9655(42).jpg
2番11.3㌔

DSCN9655(43).jpg
1番11.3㌔

修理前  3.0  3.0 5.0 10.0
修理後 11.3 11.3 11.1 11.2

なので、1番&2番がオーバーヒートによるヘッドガスケット抜けで3番がバルブ密着不良による
圧縮抜けで正解だったみたいですね
他県にてオーバーホールを施行されているとお聞きしていますが、エンジンヘッドは面研だけ
の作業だったのでしょうね~

DSCN9655(47).jpg
今回からオートでの電動ファン作動が可能になりますのでスイッチの入れ忘れは今後は
無くなりますね
電動ファンの電源もバッテリープラスからリレーを入れて引き直しを行ったのでパワーも
少しは上がっていると思います

DSCN9655(49).jpg
また他のお店にも行くと思うので今回装着したリレーやヒューズにラベルを貼り付け

DSCN9655(51).jpg
これで何か有った時でもトラブルシュートも楽になると思いますので…
別回路で手動スイッチも作動可能にしておきましたが、触ることは無いと思います

DSCN9655(45).jpg
ようやく動ける状態まで復活したので、少しキャブレターの調整ですね

DSCN9655(52).jpg
暖気を行い排気ガス濃度を測定します

DSCN9655(53).jpg
SUツインの組み込み時に少し濃い方向へ仮調整しておいたので数値が高めですね

DSCN9655(56).jpg
エンジン側が問題無い事は確認出来たのでエアクリーナーを外してマージンを取って
いた分を調整していきます

DSCN9655(55).jpg
数値を確認しながら良い値になるまで微調整を繰り返し試運転の準備完了ですね♪

DSCN9655(57).jpg
土砂降りだったり止んだりで微妙な天候でしたが、雨が止んだタイミングを見計らって
試運転です
圧縮的には少し落ちているはずですがヘッド自体が20年分位進化(笑)した事とバルブの
密着具合がバッチリ戻った事で非常にトルクフルで乗りやすくなりましたね~☆
ちょっとブレーキパットのグレードを上げた方が良いかもなレベルでした

DSCN9655(39).jpg
ちょっと前から店舗のFAXが壊れかけで大変だったのでニューマシン投入です☆
ようやくデータを見てから印刷が可能な物を購入出来たので、無駄なFAXを印刷しなくて
済むので資源の無駄を省けるようになりますね☆
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード