FC2ブログ

本日の作業

DSCN9659(10).jpg
センターメーターのレンズ内部が曇るとの事でご来店のF様ミニバンです
ヒーターコアが怪しい気がするとの事で点検です
僅かに冷却水が滲み出して結晶化した痕跡が見えますのでバンドの増し締め
を行い様子を見て頂く事に

DSCN9659(11).jpg
エンジンルームの冷却水漏れを点検中

DSCN9659(12).jpg
特に冷却水の減りは見られないので、もしかしたらボンネットのウェザーゴムが
無い事が原因かもですね~

DSCN9659(9).jpg
追加作業でステディロッド部分に装着してあった振動吸収ワッシャーが
割れていたので交換です

DSCN9659(14).jpg
初期の頃に使用していた銀色タイプは少し強度が足りていない模様なので
別のタイプに入れ替えします

DSCN9659(13).jpg
パッと見は平ワッシャーですが僅かにラウンドしている形状でテンションが掛かる
事で振動を和らげる構造ですね

DSCN9659(15).jpg
エンジンの振動が多いキャブレター車なので、インジェクション車よりは
効果が分かりやすい?かもですね

DSCN9659(17).jpg
T様白ミニのドアに飛び石っぽい傷がありましたのでタッチアップを施し
サビ防止です

DSCN9659(18).jpg
ちょうど良い筆が無かったので爪楊枝に塗料を付けての作業でした

DSCN9659(19).jpg
2ヶ月ほど前に当店にて購入して頂いたガスキャップが壊れたとの事でご来店の
黒ポールミニです
鍵がねじれていたのでメーカー返品は無理かなな感じなので当店にて別の新品に
無償クレーム交換をさせて頂きました

DSCN9659(1).jpg
ミッション組上げ完了でアイドラーギヤのクリアランス測定中です

DSCN9659(3).jpg
前回の分解時には問題が無かったクリアランスが少し広がっていたので
念の為に別のアイドラーギヤに交換してクリアランスの再調整です

DSCN9659(4).jpg
何とか基準値内に入りましたので、こちらの組み合わせで組み付けですね

DSCN9659(5).jpg
プライマリー側のクリアランスを測定して基準値内に収まるように

DSCN9659(21).jpg
オイルポンプも新品に交換するのでレッドポイントタイプを用意しました

DSCN9659(22).jpg
規定トルクが低い場所で締めすぎるとカムシャフトとの接続などに問題が
出ますのでBG製ロックタブを使用して両方の問題を解決した状態で組み付けですね

DSCN9659(20).jpg
オーバーホールの完了したエンジンブロックとミッションを合体です

DSCN9659(23).jpg
ドレンプラグもネオジウム磁石付きの国産品に入れ替え

DSCN9659(24).jpg
ワイヤーロックも出来ますので安心ですね

DSCN9659(26).jpg
クラッチ側のハウジングケースも装着しました

DSCN9659(28).jpg
オイルエレメントのブロックガスケットも純正同等品が無く困っていたのですが
BG製で良質なガスケットが入手出来ましたのでクォリティを維持しての交換が
可能になりましたね
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード