FC2ブログ

本日の作業

DS033(5).jpg
今年も産業会館にて開催されているクラシックカーミーティングの見学に
行って来ました

DS033(4).jpg
電動ミニカーは今年も人気でしたね~♪

DS033(7).jpg
去年までと比べると今年は初めて見る車両が多かった気がしますね

DS033(11).jpg
会場内も楽しいのですが

DS033(13).jpg
参加車両を見に来ているクラシックカーも非常に楽しそうな車が多いイベントですね☆

DS033(1).jpg
昨晩急にクランキングしなくなりエンジン始動不可とのご連絡を受け
朝一で修理のI様黄色ミニですが…
さすがに連日勤務で疲れていたのか…スターター本体かリレーだと当たりを
付けていたのに………
面倒な方からチェックの凡ミスでした

DS033(3).jpg
装着されていたメインリレーが交換履歴有りでしたのでココじゃ無い判断を
しましたが…

DS033(2).jpg
リレー交換で無事にクランキングOKでしたね~
仮で高年式のスターターも装着したままですので、元のスターターを装着して
ちゃんと掛かればリレーのみでOKですね

DS033(23).jpg
全塗装完成で先日納車させて頂いたM様赤白ミニのフロントウィンカーが
接触不良でハイフラに
納車時のチェックでは問題無しでしたが…振動で接触が甘くなった模様ですね

DS033(14).jpg
高速道路走行中に気が付いたら水温計の針がレッドゾーン突入&室内に
異臭がしたとの事で運ばれて来た県外ナンバーのミニですが…
オーナー様は大学生時代に当店でも少しメンテをさせて頂いていたA様で
ビックリしました

DS033(18).jpg
冷却水の残量はゼロ

DS033(19).jpg
オーバーヒートした状態で高速を走行した模様で高熱でオイルフィラーキャップが
溶けてしまいロッカーカバーからオイルのしぶきを撒き散らしながら走行していた
模様です
パーコレーションなども発生していた感じでエンジンがダメになっている可能性が…

DS033(20).jpg
タペットカバーを外してエンジンが焼き付きなどを起こしていないかも含めて
点検です
溶けたキャップがロッカーアームに大量に付着していますね

DS033(21).jpg
ラジエーターに水を入れて見ましたがウォーターポンプ部からエンジンを始動しなくても
漏れ出しています

DS033(24).jpg
エンジンオイルもLLCも異常な匂いになっていて期待値的には少ないと思われますが…
手でクランクは回りましたので圧縮の測定を行って行く事に

DS033(26).jpg
4番11.2㌔

DS033(27).jpg
3番11.0㌔

DS033(28).jpg
2番11.0㌔

DS033(29).jpg
1番11.2㌔
少し希望が見えて来たかも♪

DS033(31).jpg
どちらにせよ本チャン修理はオーナー様に地元で行う方が時間や金額的にも
良いと思われますので応急修理で対応させて頂く方向ですかね~

DS033(32).jpg
エンジン内部の水路から出て来た異物…
黒い粒のような異物が大量に!

DS033(36).jpg
水路洗浄後にラジエーターを外していきます

DS033(33).jpg
外したラジエーターも単体で内部洗浄を行いましたが…同様の黒い物が出てきますね 

DS033(38).jpg
漏れ漏れだったウォーターポンプですが、意外と新しい物でしたが…
熱でシールがダメになっているので交換です

DS033(40).jpg
古いガスケットを除去して面を出していきます

DS033(42).jpg
日本製のウォーターポンプに別売の強化ガスケットと新品ボルトを使用しての修理方法に
させて頂きます

DS033(43).jpg
ウォーターポンプ交換完了

DS033(45).jpg
オーナー様が名古屋方面まで帰れる事が重要なので…

DS033(46).jpg
再使用するパーツの洗浄等は最低限で作業時間を優先です

DS033(48).jpg
ロワーホースなどにも干渉した形跡なども見られますが今回はスルーさせて
頂きます

DS033(50).jpg
最終的には地元のショップ様にてエンジンヘッドや水廻りを全て修理する必要が
有ると思われるので最小限の整備中

DS033(52).jpg
アッパーホースにも損傷が少し見えますが…見えない事に(笑)

DS033(53).jpg
とりあえず冷却水を入れてもエンジン始動を行わない状態では漏れて来ない
レベルまで復元完了

DS033(54).jpg
電動ファンの点検も行いましたがファン自体は直結では作動OKでしたね

DS033(55).jpg
ファンスイッチは少し怪しいかも
高熱にさらされて破損している気がします

DS033(56).jpg
冷却水の注入準備中

DS033(57).jpg
純正センサーなども信用出来ないと思われますので水温は実測しながら
のエアー抜きです

DS033(61).jpg
ラジエーターの実測地で100℃付近でも自動で電動ファンが作動しない模様なので
ファンスイッチもダメですね

DS033(62).jpg
エンジンの状態を見る為に排気ガスも点検

DS033(63).jpg
普段の数値が不明ですが…毒ガスレベルですね~

DS033(65).jpg
プラスチックが溶ける程の高温になったエンジンオイルも抜き取りします
茶こしで異物を確認しながらエンジンのダメージも推測ですね

DS033(67).jpg
細かい破片が出て来ましたので、無事に帰れても要オーバーホールでしょうね~

DS033(69).jpg
新品と比べてもこれだけ溶けていますので、ヘッドのステムシールは当然ダメになって
いると思われますが、他にも各部のオイルシールへのダメージが心配なレベルですね

DS033(72).jpg
オイルエレメントも当然交換します

DS033(74).jpg
ドレンガスケットも交換

DS033(71).jpg
新しいオイルを入れた事でエンジンの作動音も少しはマシなレベルになって来ました

DS033(75).jpg
水温計を見ていなかったらしいのでヒート状態がどれ位の時間続いていたか
不明ですが…キャップが溶けて高温になったエンジンオイルが飛散しながら
走行した形跡が見えますので各部の洗浄も必須ですね

DS033(76).jpg
ボディフロアも汚れたエンジンオイルまみれでしたので洗浄剤を塗布しながら
丸ごと洗っていきます

DS033(77).jpg
明日の天候が微妙なので…店主の残りHPが心配ですが今日中にフロアや
LCB周辺の洗浄作業まで完了させました
後は明日の朝からの点検をクリアすれば何とかギリギリレベルで帰れる可能性は
出たかと思いますが…
さ・す・が・に疲れましたね~
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード