FC2ブログ

本日の作業

DS095(16).jpg
お預かり中のアーモンドミニの天張り外し作業の前にブルーシートなどを用意して
室内保護ですね

DS095(17).jpg
足りない分は新聞紙などで覆っていきます

DS095(19).jpg
96yまでのビニールシート材な天張りは大丈夫なんですが、エアバック装着車の
ファブリック素材な天張りは生地の裏面に粘着性のあるスポンジが張ってあり
劣化によりクズクズになりポロポロと落ちて来てしまう&接着材が染み込んでいるので
フロアカーペットに付着すると取るのが非常に大変ですので…

DS095(22).jpg
あまり力を入れるとスポンジが大量に落ちて来るので慎重に天張りを剥がしていきます

DS095(23).jpg
これも高年式車で良く見られる現象ですが、メーカーでの防音材の接着が甘い為に
防音&断熱材が剥がれて来ていますね

DS095(24).jpg
このミニは特に酷く、防音断熱材がほぼ接着されていない状態でしたので、天張りを
動かしただけで全て剥がれて来てしまいました

DS095(25).jpg
この茶色のスポンジが危険ですので(笑)、慎重に外へ出していきます

DS095(27).jpg
普通は防音断熱材が残りますが、このミニは中央付近に僅かに接着した痕跡がある以外は
全てダメな状態でしたね

DS095(31).jpg
天井内張りの骨は再使用しますので元の天張りから抜き取り作業を行います

DS095(32).jpg
カラー別で装着位置が決まっていますので忘れないようにメモしながらの作業ですね

DS095(34).jpg
いつもは外したパーツを完成時にオーナー様に見て頂いてから廃棄するのですが…

DS095(35).jpg
他のミニやご来店されるお客様にも付着するとダメですので、元の天井内張りは
先に廃棄させて頂きますのでご了承下さい

DS095(36).jpg
フロントガラスは過去に水漏れ修理でゴム交換と最低限のシーリング処理を行ってありますので
ボディを養生してからシーラーを撤去していきます

DS095(37).jpg
この作業も未だに良い工具が見つかっていないので、ひたすら地味に手作業ですね~

DS095(38).jpg
少しづつですがシーラー剥がしを進めていきます

DS095(56).jpg
リヤガラス下部に見つかったサビ部分を処理していきます
本来は鈑金工場に出してパネル切断&溶接などが良いのですが、ご予算も有ると思いますので
出来る限りサビを除去してから

DS095(57).jpg
オーナー様からお預かりしたサビ変換剤とタッチアップ塗料にて補修していきます

DS095(58).jpg
サビ除去後にサビチェンジャーを塗布していきます

DS095(60).jpg
フロントにもサビが出ている部位がありましたので同様の処置をしていきます

DS095(75).jpg
サビチェンジャーが乾いた所でタッチアップペイント中

DS095(76).jpg
これで何もしないよりはだいぶマシになると思います

DS095(72).jpg
リヤガラス熱線のアース不良部分も忘れそうなので(笑)、先にボディの導通を確保する為に
最小限で磨きを入れて

DS095(73).jpg
端子も磨いてから緩み止めワッシャーを1枚追加してから組み直しです
これで電気の流れはOKですね

DS095(63).jpg
純正の断熱防音材も国産の業務用接着剤を使用してキッチリ固定していきます
更に車内の静穏化&クーラーやヒーターの効き具合を少しでも上げる為に追加の
作業(秘密)も行って、少しでも快適なミニに仕上げて行きますよ♪
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード