FC2ブログ

本日の作業

DS283(66).jpg
M様キャブクーパーの作業続きです

DS283(68).jpg
ロッカーアームを外して状態の検査など

DS283(74).jpg
これ位の傷なら修正可能ですが…

DS283(73).jpg
3~4箇所ほど打痕が深い部分が見つかりましたので、何かしらの
対応が必要になりますね

DS283(76).jpg
エンジンヘッドも取り外しを行い燃焼室の状態などを点検していきます

DS283(79).jpg
キャブ車なのである程度は仕方が無いですが、カーボンの塊が
結構キツメに固着してますね~

DS283(77).jpg
シリンダーの状態は悪くなさそうですが、ピストントップにも
ガッツリと固着したカーボンが大量に見つかりました

DS283(87).jpg
ヘッドガスケットに抜けは見られませんでしたが

DS283(88).jpg
一番弱い2・3番間は劣化が進んでましたので、良いタイミングだったと
思われます

DS283(84).jpg
エンジンヘッドからボルト&ナットを外して行く作業に並行して
ダイス&タップにてネジ清掃など

DS283(85).jpg
マニホールドスタッドを外して

DS283(86).jpg
ヘッド側にタップを立てて行きます

DS283(89).jpg
サーモハウジング取付部にもタップ掛け

DS283(90).jpg
普段は出来ないプラグホールのねじ山にも同様の作業です

DS283(92).jpg
センサー取付部分にもタップを掛けて、ようやく洗浄の下準備まで完了

DS283(93).jpg
インジェクション車と違いカチカチに固着してるので燃焼室の清掃も
時間が掛かりますね~

DS283(94).jpg
ワイヤーブラシで大まかに清掃を行ってからブラシで汚れ除去を
進めて行きます

DS283(96).jpg
エンジンクリーナーにてヘッド丸ごと洗浄

DS283(97).jpg
高圧洗浄を行い細かな汚れも落として行きます

DS283(98).jpg
ようやく燃焼室の現状が見れる状態になりましたので

DS283(99).jpg
事前に施行したリークダウンテストの結果と同様のテスト結果が
出るのかフルードを燃焼室に入れて気密テストを一晩施行します
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード