FC2ブログ

本日の作業

DS289(1).jpg
M様キャブクーパーの基準値から15%ほど数値を変更しての再テストです
ようやく良好な値を確保出来ましたが、10万㌔&約30年経過な事を考えると
15%のズレをどう解釈するか悩みますね~

DS288(118).jpg
仮の姿とはいえ、とりあえず数値は確保出来たので先に他の作業を
進める事になり車高のチェック作業から開始

DS288(117).jpg
蛇腹部分はギリOKでしたが、触媒のフランジ部分で1㎝ほど足りないですね

DS288(119).jpg
お見積りを行う為にタイヤなどを外して点検を進めて行きます

DS288(120).jpg
ガタなども無くコンディションは良さそうですね

DS288(121).jpg
全体的に優秀な感じでしたが、アンダーガードに少しオイル漏れの
形跡が有りましたので点検

DS288(122).jpg
汚れ具合を見るとここですかね~

DS288(136).jpg
ちょうど最新のパーツが入荷していましたので交換させて頂き
ワイヤーロックも掛けて保険を追加ですね

DS288(123).jpg
ドアの表面に少しサビが出て来ているとの事で内装を分解して
ドア内部の現状確認をさせて頂きます

DS288(125).jpg
内張りを外して純正仕様なガムテープをめくって中の確認など

DS288(126).jpg
心配していたドアガラスの金属レールは思っていたよりもサビが
少ない感じでした

DS288(128).jpg
左右とも内張りの裏に少しカビが出ていましたので清掃しておきます

DS288(130).jpg
サビが出ているアウタースキンの補強プレート溶接部分をチェックする
のにガラスの水切りレールを取り外します
今の所はレールは再使用な予定なので慎重に曲げないように作業中

DS288(133).jpg
やはり表面にサビが浮いていた箇所は鉄板裏側にサビが発生してますね

DS289(2).jpg
今回は延命処置で作業を行う事になりましたので錆の進行を遅らせる
ノックスドールにて処理させて頂きます

DS289(3).jpg
とりあえず1回目の施行を行い左右ともパネル処理をさせて頂きました
せっかくお預かりのタイミングでの作業なので、数回に分けて施行予定です

DS287(71).jpg
色々修理中な40thミニの作業続きです
ファンブレードを組み付けしてから

DS287(73).jpg
仕上げ作業を行ったSPLラジエーターを組み付けです

DS288(7).jpg
高精度水温センサーを追加するので、ホースのクリアランスを確認しながら
カット位置を出したり取り回しの変更作業などを施行中

DS288(11).jpg
機能していなかったラジエータートップマウントのブッシュも日本製に
交換です

DS288(12).jpg
これでラジエーターの微振動も軽減出来ますね

DS288(13).jpg
トップマウントのねじ山も一部破損状態でしたので修正してから組み付け

DS288(18).jpg
ウォーターラインだけ先に組み付けを行い、ようやく水圧テストが可能な
レベルまで復活しましたね~
加圧テストでも不良箇所が少し見つかり、手直しなどを経てようやく漏れゼロな
状態まで修理完了

DS288(28).jpg
新しいエンジン冷却水を入れてエアー抜きの準備完了

DS288(90).jpg
バッテリーを繋いでエンジンを掛けられる状態になりましたが…
何故かバッテリープラス端子固定用のナットが逆組みされていましたので

DS288(92).jpg
正しい向きに修正しました
逆さだと締めにくいので気が付くと思うのですが…

DS288(91).jpg
マイナス側が既にナットサイズが変わってしまうレベルでダメージが
入っていたので…

DS288(93).jpg
ケーブル丸ごと追加になりますが交換させて頂きます

DS288(95).jpg
ボディアースも甘い感じでしたのでしっかりと地金を出してから

DS288(94).jpg
日本製のアースケーブルに交換させて頂き電気の流れ具合を
正常に戻して行きます

DS288(97).jpg
これで走行中に緩んだりする不要のトラブルも防げますね♪
エンジンルームでの電圧測定の結果も0.2Vほど向上したので
良いタイミングでの修理でしたかね~

DS288(65).jpg
お預かり前はずっと1,300rpmだったアイドリング回転数も、冷間時の
アイドルアップがチャンと効いたうえで

DS288(67).jpg
暖気完了でECUが指定するアイドリング回転数まで無事に落ち着くように
改善されました☆

DS288(32).jpg
ほぼ数値が固着していたECU内の水温も冷却水温度に合わせて

DS288(33).jpg
誤差1℃~3℃以内にて反応するように修理出来ましたね

DS288(46).jpg
サーモスタットが開くまで暖気を行いエアー抜きです

DS288(50).jpg
交換させて頂いた電動ファンも作動確認完了
作動音量も静かになり風量も増加したので安心感が違いますね

DS288(41).jpg
オイル漏れや冷却水漏れもOKそうですね
試乗テスト後に再確認しますが、元のレベルからは激変してます

DS288(45).jpg
全体的には良い感触で仕上がりつつ有りましたが
各センサーが正常に動くようになり、新たに見つかる不具合箇所も…
スロットルセンサーのアイドリングの判定が出来ていない事が判明したので
ECUのフルリセット&校正作業で直らない様だと更に高額パーツの追加
交換が必要な事になる可能性が…
プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード