FC2ブログ

本日の作業

DSCN1838(65).jpg
4時間ほど睡眠を取り作業スペースを確保すべく代車の修理再開です
内部の反射鏡が曇り気味で光量が期待できないヘッドライトを交換します

DSCN1838(66).jpg
HIDのユニットも撤去して普通のH4タイプのヘッドライトバルブが装着可能なランプに
交換ですね
※今まではH4u型でしたので…

DSCN1838(68).jpg
昨日の作業中に発覚したメイン系統のボルトの損傷です
元は下の形のボルトだった物が上の状態まで朽ち果てていました!

DSCN1838(61).jpg
中古品ですが他車種のマルチリフレクタータイプのヘッドライトに交換しました♪
うまく装着出来るか不安でしたがOKですね~

DSCN1838(64).jpg
バンパー類も取り付けボルト類を全て新品に交換しながら組み付けです

DSCN1838(63).jpg
大きな作業でしたが意外と狂いは出ない模様で一安心ですね~
まだ作業は残っていますが新品部品の手配が必要なので後日再開の予定ですね

DSCN1838(69).jpg
何とか作業スペースも確保出来ましたので開店時間前後でドア2枚の塗装が完了した
M様赤白ミニを搬送して頂きました♪

DSCN1838(70).jpg
表面も裏面も隅々まで赤色が塗装されていますね♪

DSCN1838(72).jpg
ドアは仮装着状態でうっかりしていると開きすぎで傷が入る恐れがありますので
キャッチ部分のロック取り付けから作業開始です
運転席側の爪がわれていますので使用頻度の高い運転席側は信頼性の高い日本製にて修理して
いきます

DSCN1838(73).jpg
本当は鈑金に出す前に作業した方が楽ですが、時間に追われていた為に(笑)スポンジなどの
撤去作業もまだでしたね~

DSCN1838(76).jpg
運転席側のルームランプ連動スイッチが内部破損状態で壊れていましたので
中古良品にて修理させて頂きます

DSCN1838(75).jpg
新品交換が楽なんですがご予算の都合なども有りますので中古品の接点などを
研磨してから取り付けさせて頂きました
これでドア開閉時にルームランプが連動しますよ☆

DSCN1838(77).jpg
手作業にてスポンジを撤去してシリコンオフなどを使用しての清掃中です

DSCN1838(81).jpg
新品のスポンジを取り付けして雨漏れ対策ですね

DSCN1838(82).jpg
ドアもウェザーゴムも戻してキャッチ周辺の作業は完了です
同様の作業を反対側のドアでも施行していますよ

DSCN1838(83).jpg
ドアの外側に装着されるメッキアウターハンドルのガスケット類です
これが千切れていたりすると冬場に鍵が凍結しやすくなったりドアに水分が浸入しやすく
なりますので塗装などを行った場合は必ず新品に交換ですね

DSCN1838(84).jpg
ガスケットに薄くシリコン系のグリスを塗ってから組み付けしています

DSCN1838(86).jpg
ドアロック部分やリンケージにも融雪対策を施しながら組み付け作業中です

DSCN1838(91).jpg
ドアガラスの装着前に各部のマスキング作業を行っていきます
基本的には触れないように作業するのですが、何があるか分かりませんのリスク低減の為にも
きっちりと養生していきます

DSCN1838(93).jpg
ドアガラスのレギュレーター部分からの雨漏れ防止の為に、今まではブチルテープなどを
使用していましたが今回はお試しで違う商品を採用して見る事に

DSCN1838(92).jpg
実験なので少量パック(意外と高かった)を1箱購入して作業開始です

DSCN1838(94).jpg
新車と同様な雰囲気になるように(組んだら見えませんが)パテを取り付けしていきます

DSCN1838(96).jpg
外してあったレギュレーターユニットに残っている純正パテと雰囲気は似ていますね

DSCN1838(99).jpg
組み付けして見ましたが純正と変わりない雰囲気で水の浸入もしっかりと防いでいますね
1台分で1箱ちょうどが無くなる量で次回からもコッチで対策が良さそうです♪

DSCN1838(100).jpg
ドア内部のウッドキャッピング跡は6箇所埋めましたが、ドアミラー部分はフェンダーミラーから
ドアミラーに戻せるように?穴埋め加工をしていませんので新品のポップナットを取り付けしていきます

DSCN1838(102).jpg
ドアガラスの内外に有るメッキレールもゴムが柔らかい状態で無いと雨水が浸入しやすくなる為に
新品交換です
クリップ類もサビが出やすいので新品を使用して組み上げしていきます

DSCN1838(103).jpg
ドアガラスのモールは最近は入手しやすい価格になって来たので、ゴム部分が硬化している
ミニはドアのサビが進行する前に交換がオススメですね

DSCN1838(105).jpg
ドアガラス周辺の組み付け完成です

DSCN1838(106).jpg
ガラスを上下させて問題の無いことを確認していきます

DSCN1838(107).jpg
元々装着されていたドアミラー跡用のオーナーメントも清掃してから艶出しを行い取り付け
させて頂きました♪

DSCN1838(90).jpg
作業中に冷却水が僅かですが漏れている事を発見して対策を施すことに

DSCN1838(120).jpg
ドアが仮付け状態で動かせるようになった瞬間にドア塗装に出したので、細かい仕上げ
作業はまだまだ続きますね
エンジンに熱が入って当たりが変わった事が原因ですね~

DSCN1838(119).jpg
ドア内張り周辺は部材を買いに行かないとなので後日再開します
とりあえずうっかり室内に閉じ込められないようにインナーハンドルを仮装着して身の安全を
確保します(笑)

DSCN1838(121).jpg
後日、各部増し締めや試運転後に加圧テストなども再度行いますが、とりあえず
現時点での冷却水漏れは止まったみたいですね

DSCN1838(127).jpg
走らせないと出ない不具合などもありますので軽く暖気をさせた所で本日の作業は終了です

DSCN1838(78).jpg
初めて取り寄せしたインジェクション用の純正電動ファンのステーが折れたり
な場合に補修が可能になる日本製のステーキットです

DSCN1838(110).jpg
モーター固定用のボルトやステー固定用のナットなどは付属しない模様で
トリセツも無かったので考えながらの組み立てですね
意外と純正モーターを単体にして不要なリベットを外すのに時間が掛かりました

DSCN1838(111).jpg
モーター単体にして色々と考えながら思案中

DSCN1838(113).jpg
今後の作業性と強度アップを考えて固定ボルト径を少し上げる事にします

DSCN1838(112).jpg
ラジエーターの脱着などの時の作業性を考えてポップナットにて固定する方式を
採用してみる事に

DSCN1838(114).jpg
ストックしていた最終年式の2000yの中古モーターを採用したリビルト電動ファンの
完成ですね♪

DSCN1838(116).jpg
配線巻き込み防止でタイラップにてハーネスを固定しました
オイル漏れ修理中の白ミニに装着してテストを行います

DSCN1838(126).jpg
時間が無かったのでセンサー直結にてファンの作動チェックだけ完了ですね
ファンブレードのアライメントを調整可能にしたので、効き具合を見ながら奥行き
の調整を行っても良いかもですね~

DSCN1838(122).jpg
作業時間が足りずこれ以上は水温が上げれませんでした

DSCN1838(129).jpg
今日のテストでもオイル滲みゼロを保っていますね☆

DSCN1838(89).jpg
エンジン冷却水の漏れた痕跡が見つかりご来店のF様紺白ミニです

DSCN1838(88).jpg
昨年の夏ごろにも、一度痕跡が見つかり清掃後に様子見をしていましたが…
現状では漏れは無しで半年で数滴なレベルかと思われますが、もしかしたら
採用している純正品番のヘッドガスケットが一時期出回っていた若干不具合が
有るとの噂がある商品が入っている?かも

DSCN1838(104).jpg
地味な部品ですが新品のボルトやナット類です
ストックしているインチサイズが切れて来たのでオーダーしましたが、そこそこ
良いお値段がするので少量づつの購入です♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード