FC2ブログ

本日の作業

DS163(1).jpg
一応念の為に、朝一でクーラーの中古良品ルーバーの
お手入れなどを行い修理不可に備えておきます

DS163(3).jpg
ちょっと迷っている模様を目撃など(笑)有りましたが、無事にF様ミニも
ロードサービスにて到着です

DS163(11).jpg
信号待ちでエンジンが止まったとの事でしたが、今は普通に動いて
いますので…とりあえずガス濃度などを見ていきます

DS163(9).jpg
燃料ポンプやフューエルフィルターもパッと見は大丈夫そうですが…

DS163(16).jpg
キャブレターの手前に測定用の燃圧計をセットしてアイドリングをさせながら
吐出圧などの点検

DS163(19).jpg
色々とチェックしていたのですが、途中で燃料タンクの底にサビが
蓄積されている事に気がついたので…

DS163(23).jpg
主原因なのかはまだ不明ですが燃料を抜いて

DS163(22).jpg
ガソリンタンクを外して点検を行います

DS163(24).jpg
トランク内の物を取り出してタンクの脱着準備を行い

DS163(25).jpg
燃料タンクの摘出です

DS163(28).jpg
全体的には非常にきれいな燃料タンク内部の状態でしたが…
底辺部にのみサビが発生した模様で、今まで気がつきませんでしたね
抜き取り出来ない分の燃料と共にサビを排出

DS163(29).jpg
タンク内部のフィルターも新品が出ないので…純正はココだけしか
燃料フィルターが無いですが、現状は3個装着していますので
取り外しさせて頂きます

DS163(30).jpg
ケミカルを使用した作業や高圧洗浄機での作業は店主が行い

DS163(35).jpg
水道での洗い流し作業などはオーナー様にして頂きました

DS163(36).jpg
たぶん元チョコミニ乗りのF様以来となる燃料タンクを持ってのダンス(笑)
なども頑張って頂きます

DS163(38).jpg
ダンスで取りきれなかった水分を除去する為に簡易ブース(ダンボール)にて
店主指定の温度をオーナー様に管理して頂きながら強制乾燥作業中

DS163(79).jpg
撤去した内部フィルターは一応オーナー様へ

DS163(81).jpg
フューエルタンクのネックゴムが傷んでいましたので

DS163(80).jpg
追加で新品に交換させて頂きます

DS163(84).jpg
店主とオーナー様で交代しながら試乗中
燃料系が少し良くなった感じで試乗中は何も問題は発生せず
むしろ調子が良いくらいでしたので…
しばらくお預かりして症状が出ないかチェックさせて頂く事に

DS163(5).jpg
走行中に突然シフトレバーが折れたとの事でご来店のY様ジョンクーパーです

DS163(6).jpg
レース車両などでは見かけますが、通勤で折れたのは初めて見たかも

DS163(48).jpg
4種類位のシフトレバーを提案させて頂き、最終的に店主の白ミニにも
装着されているKAD製(本物)のシフトレバーをご選択して頂きました

DS163(32).jpg
オーナー様DIYにて全て分解です
ノックピンも抜け掛かっていたので、レバーが折れていなかったら
逆にレバー自体がグルグル状態になりシフト不可になっていかも
でしたので、ある意味良いタイミングだったかもですね
正規物のジョンクーパーですがボックスに何故か2個もスイッチが
装着されていたりでちょっと怪しい感じもありつつ…

DS163(33).jpg
ジョイントの磨耗レベルを点検する為に、更に分解を進めていただきます

DS163(34).jpg
日本製の強化マウントに交換済みでしたが、強化ゴムにも何故か
亀裂が見つかり…

DS163(40).jpg
オーナー様がバラした部品を見させて頂き、5速ミッション化されて
いる事に起因するダメージな事を発見です

DS163(41).jpg
ジョイント自体はココまで分解しなくても点検は可能ですが、キッチリ派な
オーナー様と店主が組んでの作業なので妥協はさせませんしません(笑)

DS163(72).jpg
コレも作業無しで組めるのですが…

DS163(73).jpg
オーナー様がケースに合わせて削り込みを行ったボックスの
ピン跡部分にも軽くタップを掛けて、一寸だけ剛性アップなどの作業も
施行です

DS163(77).jpg
もの凄く大変だったと思いますが、キッチリとペーパー掛けをして頂き
サイズ調整を施行して頂きましたので叩かなくても吸い付くレベルで
組み付け完了ですね

DS163(78).jpg
ケース固定ゴムも新品強化をもう一度組み付け

DS163(89).jpg
仮組みを行い作動チェックなど
通常の4速と違い5速だと3-4の位置が分かりにくくなるのですが、それを
対策する為のパーツが悪さをしていた事が主原因でしたね~

DS163(90).jpg
今日の所はとりあえず乗って帰れるレベルまでの作業で終了です
後はシートやハンドル位置にあわせてセッティングを後日行えば
作業完了ですかね~

DS163(39).jpg
水温・油温・電圧が高精度センサー使用でハッキリと目視可能な
状態にさせて頂いているM様キャブクーパーに、あと一つだけエンジン
コンディションを確認する為のアイテムを投入させて頂きます

DS163(42).jpg
メーターパネルやシートを高年式化してますので、全体の雰囲気を
損なわず後付け感が出ない様にとのオーダーで作業開始

DS163(44).jpg
ココまでしなくても作業出来ますが、クーラーのルーバー修理も
有りますのでメーターパネルを全て取り外し

DS163(45).jpg
老朽化によりルーバーが風の力に負けていた為に追加していた
クリップの影響もアリ3枚ほど羽が外れていましたので

DS163(47).jpg
何日か前に思いついて準備させて頂いていた資材を使用して
動作チェックなどを施行中
今までの対策方法と違い可動域も減らす事無く新品レベルの重さに
調整出来ましたので、朝準備していたルーバーは出番無しでOKですね

DS163(50).jpg
クーラーのサイドコンデンサー化を施行済みなので、エンジンルームへの
アクセスも簡単ですね~

DS163(51).jpg
新車から装着されていた油圧警告センサーを取り外して

DS163(53).jpg
真鍮製のジョイントを装着していきます

DS163(54).jpg
バルクヘッドからの引き込み穴にグロメットを装着して配管保護を行って
チューブにもコルゲート処理など、2重3重の予防整備を施行しつつ

DS163(55).jpg
室内までチューブを取り回しです

DS163(58).jpg
今回が初めての照明用電源確保作業だったので

DS163(59).jpg
3連メーター裏から取ろうかとも思っていたのですが、今後の事や作業性を
考えて分岐を英国製端子などを使用して作成しました
あと1個分は照明取れるように組みましたので、まだ追加したいメータが
出ても大丈夫です♪(笑)

DS163(60).jpg
分岐から直で全然OKですが、メーターの照明もメーター単体でも検査など
が可能なようにカプラー化です

DS163(61).jpg
バルブのアンペア数に合わせたハーネスを使用して作業を進めていきます

DS163(62).jpg
アースなどの端子もハンダを入れて組み付けですね

DS163(66).jpg
使用しなくなる右側の外気導入口用にメクラを製作してから

DS163(67).jpg
事前に製作しておいた加工済みルーバーに新品の油圧計を取り付けです

DS163(69).jpg
経過年数を考えると油圧高すぎって一瞬思ってしまいましたが、㌔じゃないので
普通に優秀な値が出ていましたね
油圧計は360°好きな方向に出来るように製作しましたので、見やすい位置で
使用して頂ければOKです

DS163(71).jpg
ワイパーのピボットブッシュに亀裂がありましたので、ここも交換です

DS163(74).jpg
以前は価格と品質の問題でメッキ化させて頂く事が多かったですが…

DS163(75).jpg
ようやく良品が入手出来る時代が来ましたので日本製の純正タイプにて
交換作業完了です
細かい部品ですが、ココが痛んで来るとワイパーのふき取り角度が変化して
しまうので意外と大事な箇所ですね

DS163(88).jpg
外が少し暗くなったタイミングで追加の油圧と純正3連に明かりを灯して
照明の佇まいを確認中
色目も揃って組めましたので、かなり純正風の佇まいで完成したと思いますね♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード