FC2ブログ

本日の作業

DS345(68).jpg
O様ジェットブラックミニを暖気して試運転へ

DS345(65).jpg
空燃比が見える状態になったのでキャブレターのセッティングも
楽になりますね

DS345(70).jpg
クーラーONで試乗を行い冷え具合の確認などを施行してから

DS345(71).jpg
A/Fメーターの情報を元に少しだけセッティングを変更します
オーナー様のジェットセットからセッティングパーツを吟味して

DS345(72).jpg
ポンプジェットの番手を少し変更させて頂きます

DS345(73).jpg
ポンプジェット変更で乗り味も良い意味で普通のSUキャブの様な
フィールに変更になり誰でも普通に乗れる感じになりましたね♪
後はオーナー様のお楽しみでセッティングは残しておいた方が
良さそうなのでココまでです(笑)

DS345(78).jpg
店舗に戻ってから初期馴染みが出たクーラーベルトなどの
調整を施行して

DS345(80).jpg
熱が入った事で、こちらも初期馴染みが出たエキゾースト廻りの
増し締めを行い全ての作業が完了ですね☆

DS344(54).jpg
お預かり中のY様白MTミニの修理続きです
エンジンルームのメインアース取り出し部分ですが、ボディが千切れて
しまっていますので…

DS344(58).jpg
分解を進めて破損状況の確認など
完全に千切れていますね~

DS344(59).jpg
スタビブラケットのボルト装着部分もクラックが多数入っていて
危険な状態でした

DS344(60).jpg
専用の補修KITを使用して正常にアースが落とせる様に補修を開始します

DS344(62).jpg
ボディの千切れた部分を研磨して段付きなどを無くしたり、ボディアースを
確保したりと下準備を進めて行きます

DS344(63).jpg
作業スペース確保の為に運転席シートなども外して行きます

DS344(64).jpg
千切れたボディパーツの代わりを仮装着して各クリアランスなどを
確認中

DS344(66).jpg
修理作業のついでにバルクヘッド周辺のボディアースがキッチリと
落ちているかの確認なども同時に行います

DS344(67).jpg
落ちが非常に悪い状態でしたので修正作業中

DS344(70).jpg
ボディ破損部位も修正して行きます

DS344(73).jpg
痛みが見られるステディロッドブッシュも新品に入れ替え

DS344(75).jpg
これでようやくボディアースが確保出来る状態まで修理出来ましたね☆
あまり放置するとアクセルワイヤーなどに電気が流れて非常に危険なので
早めの修理が肝心ですね

DS344(77).jpg
作業中に発覚したピンの段付き摩耗など細かい部分も正常な
状態に修理しながら組み付けです

DS344(52).jpg
今回の修理とは関係無い箇所ですが、見た目が悪すぎなので…

DS344(78).jpg
修理のついでの補修しておきますね

DS344(79).jpg
ほとんどの場合は大丈夫ですが…僅かにメインハーネスが角に干渉する
恐れがありますので

DS344(80).jpg
予防整備でコルゲートにて養生作業なども施行です

DS345(3).jpg
劣化の激しいブッシュや曲がったロッドなども正常な値が出る様に
修理したり、何処かの店舗様で組み間違いをされていた箇所を数点
手直しなど、色々と出て来ますね~

DS345(4).jpg
足廻りのグリスアップ作業を最後に施行して行きます

DS345(5).jpg
古いグリスの状態を見る感じだと、あまり雨天走行はされていない模様ですね

DS345(6).jpg
トルクレンチにてホイールを組んでから

DS344(33).jpg
タイヤのエアー圧を調整です

DS344(34).jpg
スペアも全然エアー圧が低かったので調整

DS344(38).jpg
冷却水やエンジンオイルもチェックさせて頂き

DS345(12).jpg
足回りの数値を確認など

DS345(19).jpg
何のパーツか知りませんが…LEDが点灯したり消えたり??なので
配線を追ってみた所

DS345(17).jpg
アース端子が腐食していて導通が悪くなっているのを見つけたので
端子を組み替えて修理しておきます

DS345(20).jpg
冷間時のアイドルアップ時にポケットがカタカタとうるさいので
ココも修正

DS345(15).jpg
SRSのチェックランプもダメでしたので、各部点検を施行して行きます

DS345(76).jpg
各部接点などをチェックして行きましたが、残念ながら部品がダメみたいです
新品部品は終了してますので、どの様に修理するかオーナー様のご判断を
仰がないとですね~

DS345(56).jpg
オルタネーターの発生電圧はOKでしたが、電装品を多く使用した時の
ドロップ率が少し気になるレベルでしたので各部修正を行います

DS345(57).jpg
色々と手を入れて無負荷時は0.1Vのアップですが、高負荷時の
ドロップを0.3Vほど向上させる事が出来たのでOKですね☆

DS345(11).jpg
バッテリー側でも数値の確認を行い、車体側の修理は完了ですね

DS345(79).jpg
元のバッテリーはまだ2年9か月しか経過していなかったのですが、一度
完全放電されている模様で2日掛けてチャージしましたがダメになって
いましたので…バッテリーは新品交換させて頂くしか無さそうですね
長く乗れない場合は、オーディオなどで少しづつですがバッテリーを
食われますのでバッテリーマイナス端子を外して置いて頂く方が
良いと思います

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード