FC2ブログ

本日の作業

DSCN4953(2).jpg
エンジン始動不可でお預かり中のH様黒白ミニのディストリビューターを
取り外しました
理由はディストリビューターの組み付け角度がどこかの時点で正常では無い位置に
組み付けされていたのを発見した為です(当店では無いですよ)
キャップに付けるプラグコードの位置関係が合っていればエンジン始動には影響が
無いとも言えるのですが(実際エンジンは掛かっていましたので)、見つけてしまった
ので正規の位置に組替えを行います

DSCN4953(1).jpg
取り外したディストリビューターです
インジェクション用なので中身は無くローターが装着される以外は空っぽですね

DSCN4953(19).jpg
エンジンが始動しない原因は点火時期の不良な事までは突き止めていますので、
一応念のためにキャブ用のフルトラを装着して強制的に正しい点火が出来るように
してエンジンを一度始動させて見る事に

DSCN4953(3).jpg
エンジン本体に本当に問題が無いかの確認なので、配線などもそのままで
装着していきます

DSCN4953(4).jpg
お試しでクランキングした所、あっさりとエンジンが始動しました♪
やっぱりエンジンの点火時期が何らかの原因で異常な値になっているのが
原因ですね~

DSCN4953(8).jpg
エンジン始動不可ですがエンジン本体に問題が無い事は確認出来ましたので、
元のディストリビューターを正しく装着&抵抗値が怪しかった水温センサーも
測定専用ハーネスを介して新品に交換してエンジンが掛かるかチャレンジです
何とかエンジンは始動しましたが排気ガス濃度に異常が見られますね~
COの値が大きすぎです

DSCN4953(14).jpg
とりあえずエンジンが何とか始動する所までは来たみたいなので、排気ガス濃度を
下げる為に色々と整備を行います

DSCN4953(15).jpg
また、どこかで色々といじられていた箇所も保護スリーブなどを入れ替えして
不具合が出ないように仕上げていきます

DSCN4953(16).jpg
冷間での始動でこの位なら、とりあえずOKですね♪
あとは、明日一番で再びエンジンが始動するか…ですね

DSCN4953(18).jpg
週間天気予報が雪だるまだらけになっているので、自家用ミニのプラグを
ショートサーキット用の高い番手から町乗り用に下げました

DSCN4953(17).jpg
水温がマイナス表示だとレーシングプラグではきついみたいなので、エンジン
保護もかねて普通のプラグに戻しました♪

DSCN4953(11).jpg
去年の年末に冷却水が漏れ出したヘッドがエンジン加工から戻って来ました
通常とは逆に反っていたみたいで面研磨を行い再生準備が完了ですね

DSCN4953(13).jpg
リチャードロングマンのチューニングヘッドも修理完了です

DSCN4953(12).jpg
当店でも加工修理は可能だったのですが…数年前の通勤最終コーナーの件?も
ありますので、今回はエンジン加工業者でフル加工を行いました
バルブガイド入れ替え・ビックバルブ化に伴うシート拡大加工・シートカット・
バルブすり合わせ機械加工・ヘッド最小限面研磨etc
予算的には厳しいのですが、ここでケチると後悔するので逝ってしまいました♪
まだ到着していない加工の請求書を見るのが恐怖ですけど……

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード