FC2ブログ

定休日の作業

仕事では無い?1000ccレーシングミニのエンジンチェックを
行う為と他にも用事(こちらはお仕事)があったので休日出勤中です

DSCN5386(2).jpg
まずはエンジンオイルを抜いていきます

DSCN5386(3).jpg
オイルを抜いている間にタイミングチェーン廻りを分解です

DSCN5386(4).jpg
チェーンテンショナーパットが結構磨耗していますね

DSCN5386(5).jpg
エンジン裏側のタペットカバーも外していきます

DSCN5386(6).jpg
ある程度エンジンオイルが抜けた所で、クラッチハウジングカバーも分解です
オイルポンプは普通の1000cc用が装着されていますね

DSCN5386(7).jpg
年式相応ですが、オイルポンプ内部は多くの傷が入っています
ココまで酷いと再使用は出来ませんね

DSCN5386(8).jpg
クランクのプライマリーギヤ内側ベアリングとの接触部分が変色気味
なのが気になりますね

DSCN5386(9).jpg
ミッション内部の様子です
年式や使用条件を考えると素晴らしいきれいさですね!
20年以上経っているとは思えない状態です
やはりペンズのモーターサイクルを使用しているののが効いていますね☆

DSCN5386(10).jpg
エンジンブロック側もきれいですね

DSCN5386(12).jpg
1300にはありませんがブロック裏側のカバーを取り外すと
プッシュロッドが丸見えです

DSCN5386(14).jpg
ココまで分解するとカムシャフトが見えてきますね

DSCN5386(15).jpg
プッシュロッドを取り外してオイルリフターの点検です

DSCN5386(16).jpg
表面にダメージはありますが、年数を考えると非常に優秀です

DSCN5386(17).jpg
普通はやりませんが、今回はヘッドガスケットは触らずに分解していますので
ちょっと不思議な感じに見えますね

DSCN5386(18).jpg
カムシャフトは2本線なので普通のMT用カムですね
カム山などにはダメージも無くこちらも優秀な状態です

DSCN5386(19).jpg
ロッカーアームシャフトの1番側に若干の段付きが見られ交換が望ましい
かもしれませんね~

DSCN5386(20).jpg
コンロッドベアリングの状態です
一部地肌が見えかかっていたので、タイミング的にはちょうど良い感じだった
かもしれません

DSCN5386(21).jpg
クランクシャフトの様子です
クランクプーリー固定部分のキーが少し甘くなっている感じです

DSCN5386(22).jpg
点検は後日ですがクランクシャフトの取り外しまで完了です

DSCN5386(23).jpg
エンジンブロックが丸見えですね
ブロック内部も非常にきれいです

DSCN5386(24).jpg
クランクベアリングは傷が深い部分もあり普通に要交換って感じですね

DSCN5386(25).jpg
結構あっさりとベアリングが取れたので、経年劣化でベアリング自体の
張りが無くなって来ている状態だったのとクラッチ側のオイル供給穴位置
とベアリング穴のズレが大きいのが少し気になります

分解してとりあえず目視点検までの所では、クランクシャフト?・ロッカーアームシャフト・
プライマリーギヤブッシュ入れ替え?の3点が予定外ですかね~

※残念ながら今日も通知は来ませんでしたので、25で正解でしたね~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キングスロード福井

Author:キングスロード福井
キングスロード福井ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード